第24回本公演『プルーフ/証明』ドキュメンタリーフィルム『演劇ができるとき』

第24回本公演『プルーフ/証明』では創作過程を観客と共有し、俳優の変化・成長を見つめるドキュメンタリーフィルムを制作しました。演劇の稽古場で俳優は一体どのように役を作り上げていくのかを追いかけることで、俳優の仕事を伝えます。

企画意図

役を演じている時、俳優さんたちは一体何をしているのか。自分以外の人間を演じるとはどういうことなのか。俳優さんたちはごく当たり前のように演技をしているが、観客の私には何がどうなっているのかさっぱりわからない。

初めて演劇を見たときからずっと不思議だった。普段の生活とは違う創られた世界の中で、何かを見て感じ、怒って泣いて、笑っている。創られたもののはずなのに、そうではないかのように自然にそこに存在する。どうやって役を演じ、どうやって演劇をつくっているのだろうか。

演劇ができる過程を映像として残すことで、ほんの少し垣間見ることができるかもしれない。DULL-COLORED POP『プルーフ/証明』の稽古場に1ヶ月間完全密着し、普段見ることのできない俳優さんたちの素顔や苦闘の様子を、稽古場にある無数の「演劇ができるとき」を、ドキュメンタリー作品に収めていくプロジェクトです。

(監督・撮影・編集:菊池 博美)

予告編

クレジット

企画・製作:合同会社DULL-COLORED POP 監督・撮影・編集:菊池 博美
出演:DULL-COLORED POP第24回本公演『プルーフ/証明』公演関係者

視聴方法

この下の「記事を購入」ボタンをクリックしてご購入ください。その際必ず「ログインして決済」あるいは「会員登録して決済」を選んで下さい。クレジットカードの他にGoogle Pay、Apple Payが決済方法としてご利用いただけます。価格は1800円、再生時間は約2時間です。

クレジットカード決済等がご利用になれないお客様は「ドキュメンタリー・銀行振り込み希望」とした上で、振込人名義をご明記の上劇団までメールにてご連絡ください(info@dcpop.org)。