vol.xx
『TOKYO LIVING MONOLOGUES』

「私が生きていることを、私以外誰も知らない」

2021/11/10(水)~11/28(日)@STUDIO MATATU SHIN-OCHANOMIZU

DULL-COLORED POP/谷賢一がこの秋にひっそりと世に発表する、社会との接点を持たない孤独な個人の声を拾い上げる新作実験公演。『福島三部作』や『丘の上、ねむのき産婦人科』でも功を奏したドキュフィクション的手法を押し進め、「分断された個人の孤独な声」を独白をメインとした濃厚な文体で描きます。20名だけの小スペースで上演し演劇ならではの「息遣い」を体験できるライブ上演と、「盗撮」「接写」「隠し撮り」を多用した配信上演を行い、コロナ禍における演劇の可能性を広げるプロジェクトです。

――1400万人都市、東京のどこか、独り暮らしのリビングルームから聞こえてくる「ひとりごと」。分断され孤立した個人、独り暮らしの人男女4人の、誰にも向けられない言葉たち、誰にも聞かれないつぶやきが集まり、一つの物語としてうごめき出す。
陰謀論にハマる独居老人はTwitterの画面を閉じて呟いた、「俺が生きていることをこの世の中の誰も知らない」。同じ時、別のリビングルームでは、預金通帳のゼロの数を数えながら若い女が最果タヒの詩を読んでいる。「誰にも見られていないからこそ言えること」を、劇場あるいは配信で「みんなで観る」演劇的企み。誰とも繋がっていない人たちの声によって現代の姿を浮かび上がらせる谷賢一の最新作。

公演概要

TOKYO LIVING MONOLOGUESの観劇スタイル

劇場で「覗き見」:会場のSTUDIO MATATUは100平米以下のミニマルな上演空間です。最大約21人の超少人数客席で、場内に設置された登場人物たちのリビングを「覗き見」して頂きます。なお「覗き見」感を演出するため、ご来場の皆様には「黒のドレスコード」をお願いしております(任意)。また受付で「あるアイテム」をお貸し出し致します。

配信で「盗み見」:そして配信は、豪華16カメラによる全ステージ完全ライブ中継。視聴者は16カメをいつでも自由なアングルに切り替えて盗撮や接写の画角から「盗み見」できます。演劇をそのまま配信するのではなく、創作の初期段階から配信やカメラを想定して脚本・演出を考えています。壁の穴や天井、ノートパソコンのインカメや観葉植物に仕込まれた盗撮カメラなど意外な角度から、登場人物たちの赤裸々なリビング/生活を「盗み見」してお楽しみ下さい。

また劇場でご観劇のお客様も、今回暗転しない会場ですので手元のスマホをつけておいて頂き、生観劇をしながら同時に手元のスマホでチラチラと「盗み見」して頂くこともできます。「覗き見」と「盗み見」のハイブリッドは今までにない全く新しい観劇体験になる……かもしれません。どうぞお楽しみに!

→配信を視聴するための設定方法(必ずご覧下さい)

ご注意:

  • 劇場でご観劇のお客様には配信URLを無料で発行致します。観劇と配信で別々に料金をお支払い頂く必要はございません。ただしスマホとイヤホンはご自身の私物をお使い頂きます。会場のWi-Fi回線はご利用頂けます。 ※イヤホンはカナル型推奨
  • 後日アーカイブ配信の予定もございます。ただし編集済みの映像のみの配信となります。今回の演出で使用されるカメラ切り替えやハプニング要素のすべては体験して頂けませんのでご了承下さい。
  • 上記の通り、毎ステージにハプニング要素が入ります。すべてのステージが違うステージになりますので、よろしければ複数回ご観劇/ご視聴をお楽しみ下さい。
  • 以上はすべて現時点での予告です。稽古に伴う演出プランの更新により変更される可能性がありますのでご了承下さい。

* * *

作家より

Golden Vertical Frames Mock Up In Dark Luxury Living Room Interior  Background Golden Poster Frame Mockup 3d Rendering Stock Photo - Download  Image Now - iStock

現在コロナ禍とSNSの普及、そして格差の進行によって「分断」が重要なキーワードになりつつあります。アメリカでは追い詰められたトランプ派の人々がネットでフェイクニュースを流すことに飽き足らず、ついに議会襲撃という具体的行動に出たことが大きな話題となりました。今や分断された孤独な声はただの「つぶやき」にとどまらず、直接社会を揺さぶる脅威ともなりました。私たちは「演劇」=「他者の生を生きる、他者の視点を生きる」ことと捉え、演劇こそこの分断の世の中で対話と相互理解を進める可能性を秘めた芸術であると考えてきました。この題材を扱うことで、分断された個人の声を対話の場である劇場/演劇に持ち込み、耳を傾けたいと考えています。

「孤独なリビングルームに生きている孤独な声」を取り上げるため、あえて極めてミニマルなスペースであるSTUDIO MATATU SHIN-OCHANOMIZUを上演場所に選び、演劇でしか感じられない繊細な息遣いと存在感を観客に提供します。また配信作品としては盗撮・接写・隠し撮りのアングルを多用し、あたかも「自分だけが誰もいない部屋を覗き込んでいる」感覚を表現します。演劇は劇場/生に限る、そんなことはわかっているが仕事や基礎疾患・高齢の同居家族がいるなど様々な理由で今は劇場に行けない人が多くいます。そんな人達にも質の高い配信作品を届けることで、あらためて「演劇は社会に必要である」というメッセージを発信したいと考えています。

舞台写真

作品の雰囲気などを知りたい方のために舞台写真を一部公開しました。配信映像のスクリーンショットも含まれていますので配信のサンプルとしてもどうぞ。ネタバレですので以下の写真をクリックすると表示されます。

* * *

出演者

東谷英人/大原研二、大内彩加/倉橋愛実
佐藤千夏/湯舟すぴか、ホリユウキ/宮地洸成

※本公演は新型コロナウィルス感染対策として完全ダブルキャストでお届けします。出演者はタイムテーブルで必ずご確認下さいませ。

劇中歌ボーカル:深沢未来 声の出演:阿久津京介 

* * *

スタッフ

作・演出:谷賢一 配信監督:高畑 陸(シル/CHARA DE)、恵比寿亮(MATATU) 舞台監督:竹井祐樹(StageDoctor Co.Ltd.) 照明:松本大介 美術:土岐研一 音響:佐藤こうじ(Sugar Sound) 音楽:岡田太郎(悪い芝居) 衣装:及川千春 映像ディレクション:松澤延拓 宣伝ビジュアルデザイン:内田倭史 制作:利藤早紀、小野塚央 主催:合同会社DULL-COLORED POP 協力:STUDIO MATATU 文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業

* * *

会場

STUDIO MATATU SHIN-OCHANOMIZU
〒101-0053 東京都 千代田区神田美土代町11-6 トーエイハウス B1

千代田線「新御茶ノ水駅」徒歩2分、JR山手線「神田」駅 徒歩7分、新宿線「小川町駅」丸ノ内線「淡路町駅」徒歩2分

* * *


チケット

予約:2021/10/17(日)12時より一般発売開始。全席自由・当日精算制です。

【劇場】前売り・一般:3,000円 学生:2,000円 ※当日券は500円増し
【配信】一般:2,000円 通し券:3,000円

劇場・予約URL:
https://ticket.corich.jp/apply/115122/001/
配信・ご購入ページ:
https://www.dcpop.org/volxx-streaming/

→配信を視聴するための設定方法(必ずご覧下さい)

アーカイブ映像販売決定! 公演を記録・編集したアーカイブ映像の販売が決定しました。上記ライブ配信のようにカメラの切り替えはできませんが、見どころを圧縮した公演記録映像です。ダブルキャストにあわせて2バージョン、12月上旬発売予定です。(クレジットカード決済のみ対応予定)

ドレスコード:
ご来場のお客様は、できれば黒っぽいお召し物でお越し下さい。強制ではありませんが、演出のため、ご協力頂けると幸いです。

初週特典:
11/14(日)までに劇場でご観劇頂いたお客様には、ご希望の出演者のサイン入り上演台本orオフショット部屋写真(上記キャスト写真を参照)をプレゼント致します。
※予約フォーム備考欄に 上演台本orオフショット部屋写真 どちらをご希望か明記の上、希望されるキャストを一人お選び頂き、名前をご記入ください。

  • 上演時間は1時間30分程度を予定しています。
  • 本作は性的な表現を含みます。性的な表現が苦手あるいは未成年であるなどの理由で、内容について事前に知りたい方は劇団までメールにてお問い合わせ下さいませ。
  • ご来場のお客様は、できれば黒っぽいお召し物でお越し下さい。強制ではありませんが、演出のため、ご協力頂けると幸いです。
  • 当日券情報は逐一劇団の公式Twitterアカウントでアナウンスしております。コロナ対策のため予定枚数に達している日には販売がございません。くれぐれもご注意下さい。

* * *

タイムテーブル

  • 上記タイムテーブルをクリックするとその日の出演者がご確認頂けます。
  • 上記時間はすべて開演時間です。開場は開演の20分前になります。

* * *

お問い合わせ

合同会社 DULL-COLORED POP
Tel: 050-5579-6089
Mail: info@dcpop.org
Twitter: @dc_pop

メール連絡が一番返信が早く、確実です。お急ぎの際はメールでご連絡下さい。