『丘の上、ねむのき産婦人科』追加配信

作・演出:谷賢一(DULL-COLORED POP)
2021/8/11(水)~8/29(日)@下北沢ザ・スズナリ
2021/9/1(水)~9/5(日)大阪in→dependent theatre 2nd

11/3(水)には主宰・谷賢一が演出を行いジャニーズWEST・神山智洋さんが主演する『LUNGS』が初日を迎え、11/10(水)には東京の孤独な声を拾い上げた新作『TOKYO LIVING MONOLOGUES』が開幕します。それぞれの作品に影響を与えた『丘の上、ねむのき産婦人科』を、期間限定で配信再開することに致しました。未見の方は是非ご覧下さいませ!

この配信動画は8月上旬に下北沢ザ・スズナリで撮影されたものです。女性キャストが女性役・男性キャストが男性役を演じる[A]バージョンと、男性キャストが女性役・女性キャストが男性役を演じる[B]バージョンを選んでご視聴下さい。12月末までの期間限定配信の予定です。

あらすじ

駅の北側、商店街を抜けた先、丘の上にある「ねむのきさん」は、昭和のはじめ、古くから続く産婦人科で、私も私の母も祖母もここで産み、生まれたらしい。今日のロビーは少し混み合っていて、私たちを含めて12人の男女が座っている。年齢も服装も表情もバラバラ。みんな一体何を考えているのか。しかし決して会話は起こらない。6組の悩み、いや12人の別の考えが、誰も喋らない静かなロビーにぽっかり浮かんでいる。

「妊娠」をテーマに数十名に取材を行い、7つの連作エピソード集にまとめあげた新作戯曲。とある架空の地方都市に存在する産婦人科の人々の姿を通じて浮かび上がる現代社会の様相、――少子化・晩婚化・ジェンダーロールやジェンダーギャップ・若者の貧困・不妊治療・中絶・ひとり親・モラルハラスメント・反出生主義、そして男女の意識の違い。「自分と異なる性/生を想像する」というテーマに基づき、男女入替えA/Bキャスト2バージョンで上演するDULL-COLORED POPの(2021年夏の)最新作です。

https://www.dcpop.org/vol23/より

配信チケット追加配信

本番をそのまま収録するのではなく撮影日を別途設けて劇場を空け、撮影用に5カメ設置、収録専用の仕込み替え、マイク設置などを行った本格的な収録を行いました。クリアな画質・音質でお楽しみ頂けます。配信期間は12月末を予定しています。

配信通常チケット:3300円 特典映像:1700円

以下のURLをクリックして、クレジットカード決済でご購入下さい。

サンプル動画:(画質の確認にご覧下さい。激しくネタバレですのでご注意!)

* * *

両バージョン観劇特典:エッセイ『異なる性/生を演じる』

本公演では「異なる性/生を想像する」というテーマから男女入れ替え上演を行っています。当初、両バージョン観劇の特典や割引は用意しないつもりでしたが、入れ替え稽古があまりに演劇的発見に満ちており豊かだったので、両バージョンご観劇された方向けの特典として谷賢一の演劇論エッセイ『異なる性/生を演じる』を配布することにしました。

約1万5000字・計10ページの大ボリュームです。それぞれの場ごとに遭遇した発見や気付き、それを解決するための工夫が掲載されています。ご観劇後の副読本としてお楽しみ下さい。

今回の追加配信でも本エッセイを配布します。A/Bそれぞれの購入ページで表示される2つのパスワードを繋げて、以下のページで入力して下さい。