第16回本公演『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』(再演)

父が死に、母は見えない猫を飼い始めた。母・よし子、61歳。プロのお母さんとして生きてきた彼女の人生にきらめく、ステキにまばゆい思い出たち! しかしその裏側には悲しい過去が隠されていて、そいつを猫たちがじゃんじゃん暴いてく──。だって僕たち、猫だもの!

2012年に上演され大好評を博した劇団の代表作『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』。多数寄せられた再演希望の声にお応えして、満を持しての再演です。来る超高齢化社会を前に描かれた、言わば「普通のお母さんの老後問題演劇」。世界一ステキで残酷な“ウソ”の物語が、東京・大阪・岡山の3都市で蘇ります。

 

キャスト&スタッフ

東谷英人、大原研二、塚越健一、中村梨那、堀奈津美、百花亜希(以上DULL-COLORED POP)、渡邊りょう(悪い芝居)、ほか

作・演出・美術:谷賢一(DULL-COLORED POP) 舞台監督:鮫島あゆ 照明:松本大介
衣裳:chie*(*rism) 宣伝美術:松本美穂、楡井華津稀
演出助手:元田暁子(DULL-COLORED POP) 稽古場助手:近藤崇之、楡井華津稀、深沢未来
お手伝い:猫の手(ダルカラ応援団組織) 制作:福本悠美(DULL-COLORED POP)

東京公演・提携:王子小劇場 大阪公演・協力:in→dependent theatre
岡山公演・主催:岡山県天神山文化プラザ 共催:岡山県天神山文化プラザ文化振興会

タイムテーブル

下記時間は開演時間です。開場は開演の30分前。上演時間は1時間40分程度を予定しています。

★ご予約多数につき、8/30(日)10:00・28(金)10:00に追加公演が決定しました!ご予約はこちらから。

東京@王子スタジオ1

8/26(水) 19:30
8/27(木) 15:00、19:30
8/28(金) 10:00、15:00、19:30
8/29(土) 10:00、15:00、19:30
8/30(日) 10:00、14:00、18:00

★ご予約多数につき、8/30(日)10:00・28(金)10:00に追加公演が決定しました!ご予約はこちらから。

王子スタジオ1
〒114-0002 東京都北区王子2-30-5
東京メトロ南北線・王子駅4番出口から徒歩6分
JR京浜東北線・都電荒川線「王子駅」

大阪@in→dependent theatre 2nd

インディペンデントシアターレコメンド

9/01(火) 19:30
9/02(水) 14:00、18:00

インディペンデントシアター2nd
〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋4-7-22
大阪市営地下鉄・堺筋線 恵美須町駅 1A出口 右手(北)5分

岡山@天神山文化プラザ、ほか

平成27年度天プラ・ホールセレクション
公益社団法人岡山県文化連盟設立10周年記念×岡山県天神山文化プラザリニューアル10周年特別企画

9/04(金) 19:30
9/05(土) 14:00、18:00
9/06(日) 17:30@蔭凉寺

天神山文化プラザ
〒700-0814 岡山県岡山市北区天神町8-54
JR岡山駅から徒歩15分
市内電車・東山行「城下」下車徒歩3分

蔭凉寺
〒700-0836 岡山県岡山市北区中央町10-28
JR岡山駅より徒歩約18分

チケット&ご予約(全席自由)

前売 2,500円 当日3,000円
学生 1,500円 高校生以下 1,000円

ご予約

東京
http://ticket.corich.jp/apply/65563/
大阪
http://ticket.corich.jp/apply/65564/
岡山
http://www.tenplaza.info/event/detail.php?i=271

当日券のご案内

当日券は、毎ステージ開演の30分前に受付いたします。

当日券料金 : 3,000円
※学割・高校生以下の取り扱いはございません。
ご注意
●当日券は毎ステージ販売致しますが、販売枚数は日によって異なります。当日券の最新情報は劇団公式Twitterなどをご参照下さい。
●お席のご案内は、正席(イス席)5席程度→桟敷席・立ち見席の順番で行います。桟敷席・立ち見席は多めにご用意がございます。
●当日券のお求めはお1人様1枚までとさせて頂きます。
●基本的には先着順にて受付いたしますが、万が一30分前の時点で定員を大幅に超えていた場合、抽選とさせて頂く場合がございます。スタジオのすぐ前が公道ですので、ご配慮の程よろしくお願い致します。
お問い合わせ
info@dcpop.org

作品紹介コメント

永井愛(劇作家・演出家/二兎社主宰)

彼の新作『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』を観て、私は心地よく驚かされた。家族間の微細な心理を扱いながら、どの瞬間も強固な立体になっていた。それが、細部と全体を交互に見せながら、ゆっくりと回転しているような感じ。なぜ、あんなになめらかに、時間を行き来できるのか? 男性が、男性らしく(?)「お母さん」を演じてもおちゃらけになってしまわないのは、なぜだったのか?
そうか、あれは斬新な手法と古典的な素養の幸せな合体だ。谷クンは翻訳も手がけるから、古今の劇構造に習熟しているのかも。まだ埋蔵量があるね、この人は……あの夜のつぶやきは、演劇界の新たな兆への胸騒ぎだったかもしれない。

北川大輔(劇作家・演出家/王子小劇場芸術監督)

谷賢一の作る演劇を観て、少し前のトレンドですが「複雑系」という言葉を思い出しました。これまでの演劇的な文脈を決して無視せず、そこに常に野心的な挑戦を盛り込む谷さんの冒険に、毎度「部分以上の総和のなにか」を見つけてニヤニヤします。
知性ほとばしる彼の、策略めいた野心と、それを凌駕する演劇への情熱に、王子小劇場はひとつ巻き込まれてみようと思います。この博打の成果を、皆さま是非とも劇場で目撃していただければ。

相内唯史(in→dependent theatre・劇場プロデューサー)

初演「くろねこちゃんとベージュねこちゃん」のツアーを1stでとご連絡頂いた時は密かに小躍りしたものだ。それ以来、緻密かつ大胆で演劇愛に満ちた谷さんの戯曲と演出、メンバー達の生み出す舞台上とバックステージ両面でのグルーヴにすっかりヤラレてしまっている。僕にとっては大阪公演が無い時は東京に足を運ぶなんてのも当然の事になった。
それが今回は大阪で観られるんだぜ。これで劇場に来ないなんてナシだよ!

菅田真理子(岡山県天神山文化プラザ・プロデューサー)

DULL-COLORED POPが、再び岡山にやってきます。彼らに、岡山でまた会えるのかと思うと、これほどに胸が高鳴ることはありません!
岡山に初めてやってきた作品『アクアリウム』を観た時、「演劇って、こういうことなんだよなあ…」という誠実で、頼もしい答えを改めて私に教えてくれました。「演劇って、面白い!」ということをまっすぐに教えてくれる、数少ない劇団なのです。
どうぞ大きな大きな期待を持って劇場にお越しください。

 

Mrs.fictions主催「15 minutes made vol.13」参加作品『全肯定少女ゆめあ』

「小劇場演劇の活性化」を目的として、6劇団が15分ずつの作品を1ステージで上演する小さな演劇祭『15 Minutes Made』。6年前に参加したときは一番若手でした。今回はどうやら一番年輩。なので一番面白いやつ、作ります。

『全肯定少女ゆめあ』

ふしぎふしぎふしぎ! どうして鳥は空を飛べるの? どうしてカニさんは横にしか歩けないの? どうして世界は滅びつつあるの? ──あちしの名前はゆめあ。夢はたっくんのお嫁さん! 邪悪な大人たちと戦うことを決意した。あちしたちの手で、みんなの笑顔を守るのよ!

日時・場所
2015年8月19日(水)〜25日(火)@王子小劇場
参加団体
Mrs.fictions、アナログスイッチ、タイタニックゴジラ、Straw&Berry、ポップンマッシュルームチキン野郎、DULL-COLORED POP
チケット
前売2,500円 当日3,000円(全席自由・日時指定)
高校生1,000円(枚数限定)
2015年6月21日(日) 一般発売開始

ご予約

下記予約フォームより、必要事項をご記入の上、ご予約下さいませ。

Mrs.fictions「15 Minutes Made Volume13」予約ページ(DULL-COLORED POP)★CoRich 舞台芸術!

お問い合わせ

DULL-COLORED POP
Mail:info@dcpop.org
Twitter:@dc_pop