第4回本公演『ベツレヘム精神病院』

チラシ表片田舎の精神病院。父を蛇蝎の如く忌み嫌い、詐病を用いて入院して来た政明は、ある目的を持っていた。「見に来たんだ、ここを」

政明は、目を包帯で覆い、耳をヘッドフォンで塞いだ少女・うにかと出会い、その目的の真意を彼女に漏らす。

実在した史上初の精神病院・ベツレヘム精神病院に着想を得、精神病者の内的世界の舞台化と、精神病者を見詰める視線を描いた、DULL-COLORED POP第四作。

公演情報

チラシ裏作・演出 谷賢一
出演 岩藤一成、加賀美秀明(青春事情)、清水那保、富所浩一、猫道(猫道一家)、ハマカワフミエ(劇団活劇工房)、堀奈津美、和知龍範(fool-fish)
公演場所 新宿タイニィ・アリス(→地図)
公演日程 2007年3月16日(金)~3月18日(日)
舞台監督 甲賀亮
照明 松本大介、河上賢一
音響 長谷川ふな蔵、若井大輔
演出助手 上金由佳
舞台美術 鮫島あゆ
宣伝美術 堀奈津美(写真)、鮫島あゆ(編集)
ロンドン 新井宏美
制作 大藤多香子、神谷愛美、黒澤ナホ、林安由美、片山響子

公演スケジュール

3/16(金) 14:00~、20:00~
3/17(土) 14:00~、19:00~
3/18(日) 14:00~、18:00~

チケット

前売2000円 当日2300円
(学割: 前売当日ともに大学生500円・高校生1000円引き。要学生証提示)

地図

(より詳しい地図はこちらをどうぞ)

舞台写真

上演中に市販のデジタルカメラで撮影したもののため粗い写真ですが、雰囲気は感じて頂けるかと思います。こんな舞台でした。
※クリックすると大きめの写真が見れます。

開場中 - listening 「紫外線に、文字が書いてある」
「私、角刈りですよね?」 「…僕ね、見に来たんです。入院させて下さい。」
「大根。エクスカリバー。…無敵」 同時並行的に進む二つのシーン。
「マグナムの用意はいいのかい、Baby?」 「顔が聴こえる、声が見える」
「あそこ。ほら、ついさっき、君が目を背け、鼻を被った、あの人が君の…」 「こういう辛気臭いの馬鹿馬鹿しいですよ」
「事実、記録としてどうだったが問題なんだ」 三つのシーンが交錯する
「×××のことだよ、×××」 「見えない。本当に見えないの。けど、」