「これまでの作品」カテゴリーアーカイブ

第20回本公演「福島3部作・一挙上演」

DULL-COLORED POPでは2019年夏、谷賢一が3年間かけて取材・構想・執筆を行う「福島3部作」の一挙上演を行います。

 私の母は福島の生まれで、父は原発で働いた技術者だった。私自身も幼少期を福島で過ごし、あの豊かな自然とのどかな町並みが原風景となっている。
 原発事故はなぜ起きてしまったのか? 政治・経済・地域の問題が複雑に絡まり合い、簡単に答えが出せない問題だ。しかし、だからこそ演劇でなら語れるのではないかと思った。異なる意見を持つ者たちが出会い、言葉を戦わせ合うのが演劇だ。答えを示すことよりも、問いを強く投げかけるのが演劇だ。演劇でなら語れる、「なぜあの事故は起きてしまったのか?」
 2年半に渡る取材成果を三部作・三世代の家族の話として紡ぎ直し、人間のドラマとして福島と原発の歴史を問い直したい。

第一部『1961年:夜に昇る太陽』

 1961年。東京の大学に通う青年・<穂積 孝>は故郷である福島県双葉町へ帰ろうとしていた。「もう町へは帰らない」と告げるために。北へ向かう汽車の中で孝は謎の「先生」と出会う。「日本はこれからどんどん良くなる」、そう語る先生の言葉に孝は共感するが、家族は誰も孝の考えを理解してくれない。そんな中、彼ら一家の知らぬ背景で、町には大きなうねりが押し寄せていた……。
 福島県双葉町の住民たちが原発誘致を決定するまでの数日間を、史実に基づき圧倒的なディテールで描き出したシリーズ第一弾。

出演: 東谷英人、井上裕朗、内田倭史(劇団スポーツ)、大内彩加、大原研二、塚越健一、 宮地洸成(マチルダアパルトマン)、百花亜希(以上DULL-COLORED POP)、阿岐之将一、倉橋愛実

* * *

第二部『1986年:メビウスの輪』

 福島第一原発が建設・稼働し、15年が経過した1985年の双葉町。公金の不正支出が問題となり、20年以上に渡って町長を務めてきた田中が電撃辞任した。かつて原発反対派のリーダーとして活動したために議席を失った<穂積 忠>(孝の弟)は、政界から引退しひっそりと暮らしていたが、ある晩、彼の下に2人の男が現れ、説得を始める。「町長選挙に出馬してくれないか、ただし『原発賛成派』として……」。そして1986年、チェルノブイリでは人類未曾有の原発事故が起きようとしていた。
 実在した町長・岩本忠夫氏の人生に取材し、原発立地自治体の抱える苦悩と歪んだ欲望を克明に描き出すシリーズ第二弾。

出演:宮地洸成(マチルダアパルトマン)、百花亜希(以上DULL-COLORED POP)、 岸田研二、木下祐子、椎名一浩、藤川修二(青☆組)、古河耕史

* * *

第三部『2011年:語られたがる言葉たち』

 2011年3月11日、東北全体を襲った震災は巨大津波を引き起こし、福島原発をメルトダウンに追い込んだ。その年末、<孝>と<忠>の弟にあたる<穂積 真>は、地元テレビ局の報道局長として特番製作を指揮していたが、各市町村ごとに全く異なる震災の悲鳴が舞い込み続け、現場には混乱が生じていた。真実を伝えることがマスコミの使命か? ならば今、伝えるべき真実とは一体何か? 被災者の数だけ存在する「真実」を前に、特番スタッフの間で意見が衝突する。そして真は、ある重大な決断を下す……。
 2年半に渡る取材の中で聞き取った数多の「語られたがる言葉たち」を紡ぎ合わせ、震災の真実を問うシリーズ最終章。

出演:東谷英人、井上裕朗、大原研二、佐藤千夏、ホリユウキ(以上 DULL-COLORED POP)、 有田あん(劇団鹿殺し)、柴田美波(文学座)、都築香弥子、春名風花、平吹敦史、森 準人、山本 亘、渡邊りょう

* * *

スタッフ

作・演出:谷賢一 美術:土岐研一 照明:松本大介 音響:佐藤こうじ 衣裳:友好まり子 舞台監督:竹井祐樹 演出助手:美波利奈 宣伝美術:ウザワリカ 制作助手:柿木初美・德永のぞみ・竹内桃子(大阪公演) 制作:小野塚央

【助成】セゾン文化財団 【東京公演】助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、芸術文化振興基金 【大阪公演】芸術文化振興基金 【福島公演】主催:いわき芸術文化交流館アリオス  【東京・大阪公演】主催:合同会社 DULL-COLORED POP

東京公演

日程

8/08(木)~11(日) 第2部上演
8/14(水)~18(日) 第3部上演
8/23(金)~28(水) 第1部~第3部連続上演!

受付は開演の45分前、開場は開演30分前。

8月8(木)9(金)10(土)11(日)
19時 第2部19時 第2部13時 第2部
18時 第2部
13時 第2部
18時 第2部
12(月)13(火)14(水)15(木)16(金)17(土)18(日)
休演日休演日19時 第3部14時 第3部
19時 第3部
19時 第3部13時 第3部
18時 第3部
13時 第3部
18時 第3部
19(月)20(火)21(水)22(木)23(金)24(土)25(日)
休演日休演日休演日休演日13時 第1部
16時 第2部
19時 第3部 
13時 第1部
16時 第2部
19時 第3部
13時 第1部
16時 第2部
19時 第3部
26(月)27(火)28(水)
13時 第1部
16時 第2部
19時 第3部
13時 第1部
16時 第2部
19時 第3部
11時 第1部
13時半 第2部
16時 第3部 

終演後イベント

【トークディスカッション】
8/9(金)、8/16(金)、8/23(金)19時の回 終了後
公演終了後、作・演出の谷賢一と作品内容について語り合うトークディスカッションを開催します(参加自由)。この作品が皆様にどう響いたか、お聞かせ下さい。

【アフタートーク】
8/08(木)19時 永井愛(劇作家・演出家・二兎社主宰)
8/10(土)18時 白井晃(演出家・KAAT神奈川芸術劇場芸術監督)
8/17(土)18時 大森真( 元テレビユー福島報道局長/現飯舘村職員 )
8/25(日)19時 長塚圭史(劇作家・演出家・俳優/阿佐ヶ谷スパイダース)

会場:東京芸術劇場シアターイースト

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目8−1 https://www.geigeki.jp/
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩 2 分。駅地下通路 2b 出口と直結。

チケット

【一般発売日】
6 月 8 日(土)午前 10 時

【チケット料金】
指定席 一般:4,200円 学生:3,500円 高校生:2,000円(チケットぴあでのみ取り扱い)
通しチケット:10,000 円(各日100枚限定)
当日券:4500 円

【チケット取り扱い】
チケットぴあ https://w.pia.jp/t/dcpop/ (Pコード494-475)
東京芸術劇場ボックスオフィス https://www.geigeki.jp/ti/

【当日精算ご予約フォーム】
こちらは『福島三部作』当日精算のご予約フォームです。
お席はこちらにお任せいただきます。何卒ご了承ください。
<東京公演> 指定席
https://torioki.confetti-web.com/form/915
<大阪公演> 自由席
https://torioki.confetti-web.com/form/926

※学生チケットをご購入の方は、当日受付にて座席指定チケットをお引き換えください。
※未就学児入場不可。
※開演いたしますと、ご指定のお席にご案内できない場合がございます。
※8月28日は通し券のみ発売します。

大阪公演

日程

8月31日(土)
9月1日(日)
9月2日(月)
13 時 第一部 16 時 第二部 19 時~第三部
13 時 第一部 16 時 第二部 19 時~第三部☆
10 時 第一部 12 時半 第二部 15 時~第三部

☆終演後、ディスカッショントークあり。公演終了後、作・演出の谷賢一と作品内容について語り合うトークディスカッションを開催します(参加自由)。この作品が皆様のどう響いたのか、お聞かせ下さい。
※受付は開演の45分前、開場は開演30分前。

会場:in→dependent theatre 2nd

〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目7-22 インディペンデントシアター2nd
●Osaka Metro・堺筋線 恵美須町駅 1A 出口 右手(北)5 分 http://itheatre.jp/2nd.html

チケット

【 チケット料金】
一般:3,800円 学生:3,300円 通しチケット:9,800円(各日80枚限定)
当日券:4,300円
※整理番号付自由席
※未就学児入場不可。
※9月2日は通し券のみ発売します。

【チケット取り扱い】 劇団 HP、チケットぴあ(P コード 494-476)
【一般発売日】 6月8日(土)午前10時

【当日精算ご予約フォーム】
こちらは『福島三部作』当日精算のご予約フォームです。
お席はこちらにお任せいただきます。何卒ご了承ください。
<大阪公演> 自由席
https://torioki.confetti-web.com/form/926

福島公演

第二部『1986 年:メビウスの輪』 7月6日(土)18時30分、7日(日)14時
第三部『2011 年:語られたがる言葉たち』 9月7日(土)18時30分、8日(日)14時

【会場】 いわき芸術文化交流館アリオス 小劇場
【料金】 全席自由3,000円 高校生以下1,000円
    第二部&第三部セット券:4,500円 高校生以下:1,500 円
※未就学児入場不可/一般発売日:5 月 11 日(土)

チケット

アリオスチケットセンター(火曜定休)0246-22-5800
※電話番号のおかけ間違いにご注意ください。

WEBサイトからのご予約:
http://iwaki-alios.jp/support/ticket.html

ご注意

  • 演出の都合上、客席内の冷房が強めに設定されております。羽織りものなどお持ち下さいますようお願い致します。
  • 開演から暫くはお席にご案内出来ないお時間となります。お時間には余裕を持ってご来場下さい。
  • 第三部では劇中、地震に関する直接的な表現・演出がございます。苦手な方やPTSD症状などをお持ちの方はご観劇を控えるか、劇団にご相談下さい。

よくある質問

Q.三部作、どれから観たらいいですか? どれか一作だけ観てもわかるでしょうか?
A.三部作それぞれの作品はそれぞれ独立していますので、一作だけ観ても楽しんで頂けます。また、どの作品から観て頂いても特にネタバレの心配などはありません。
ご参考までに、主宰・作・演出の谷賢一が書いた「超個人的プレイガイド」リンクを掲載しておきます。 → 超個人的・福島三部作プレイガイド

Q.上演時間を教えて下さい。
A.第二部・初日の上演時間は1時間51分、第三部・初日の上演時間は1時間53分でした(いずれもカーテンコールは含まず)。また第一部・稽古場最終通しの上演時間は1時間56分でした。ご参考までに……。

第19回本公演/新人加入記念公演「あつまれ!『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』まつり」

父が死に、母は2匹の猫を飼い始めた。母・よし子、61歳。プロのお母さんとして生きてきた彼女の人生にきらめく、ステキにまばゆい思い出たち。しかしその裏側には悲しい過去が隠されていて、そいつを猫たちがじゃんじゃん暴いてく──。だって僕たち、猫だもの!

🐾 🐾 🐾

人が猫を演じ、猫が母を演じ、家族同士が良い家族を演じる。「演じる」ことをテーマとした劇団の代表作『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』待望の再々演。2012年に初演され、2015年の再演では早々にチケットが完売した同作を、計4演出・4バージョンに拡大上演することで作品と劇団の魅力を4倍に引き出します

また本公演は、活動再開したDULL-COLORED POPの屋台骨を支える、今後の主要メンバーや若手・中堅俳優の発見と育成をも目的とします。2019年夏に控える「福島三部作」連続上演へ向けて、劇団の主力と常連を見出し、「ダルカラらしさ」を共有することで劇団の体力増強・演劇界覇道を目指します。
また公演の稽古を通じて劇団としての演技メソッドの作成・共有をも目指していきます。

公演タイトル あつまれ!『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』まつり
作・総合演出 谷賢一(DULL-COLORED POP)
演出 谷賢一、東谷英人、百花亜希、井上裕朗
劇場 新宿サンモールスタジオ
公演期間 2019/2/14(木)-2/24(日)
スタッフ 舞台監督:東谷英人 舞台監督補:竹井祐樹(Stage Doctor) 特殊効果:小林慧介 照明:榊美香(有限会社アイズ) 音響協力:佐藤こうじ(Sugar Sound) 美術:鮫島あゆ&グラマラスキャッツ 宣伝美術:鮫島あゆ 稽古場助手:小川譲史、宮藤仁奈、杉森裕樹 制作:井上裕朗、百花亜希、猫の手
助成 セゾン文化財団

 

続きを読む 第19回本公演/新人加入記念公演「あつまれ!『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』まつり」

第18回本公演/福島3部作・第1部先行上演『1961年:夜に昇る太陽』

劇団活動再開! 2年間の取材を経て、福島と原発の歴史を解き明かす「福島3部作」、第1部のみ今夏先行上演。福島はいわきアリオスにて初日を開けた後、東京こまばアゴラ劇場にて20ステージ上演。

私の母は福島の生まれで、父は原発で働いた技術者だった。私自身も幼少期を福島で過ごし、あの豊かな自然とのどかな町並みが原風景となっている。

原発事故はなぜ起きてしまったのか? 震災以降ずっと考えてきた問いに答えを出すべく、二年半に渡る取材を経て福島の歴史を執筆・上演する。第一部は1961年、双葉町が原発誘致を決定した年。あの頃、人々は何を夢見ていたのか? 当時の夢であり現在の悲劇の発端でもある1961年を「演劇」、つまり人間同士のドラマとして描き出したい。

作・演出 谷賢一

公演概要

あらすじ:
1961年。東京の大学に通う青年・孝は故郷である福島県双葉町へ帰ろうとしていた。「もう町へは帰らない」と告げるために。
北へ向かう汽車の中で孝は謎の「先生」と出会う。「日本はこれからどんどん良くなる」、そう語る先生の言葉に孝は共感するが、家族は誰も孝の考えを理解してくれない。そんな中、彼ら一家の知らぬ背景で、町には大きなうねりが押し寄せていた……。
福島県双葉町の住民たちが原発誘致を決定するまでの数日間を、史実に基づき圧倒的なディテールで描き出した谷賢一の最新作。

作・演出 谷賢一(DULL-COLORED POP)
出演 東谷英人、大原研二、塚越健一、百花亜希(以上DULL-COLORED POP)
古屋隆太(青年団)、井上裕朗
内田倭史、大内彩加、丸山夏歩、宮地洸成
スタッフ 舞台監督:藤田有紀彦、松谷香穂 照明プラン:阿部将之(LICHT-ER) 制作:小野塚央
助成 アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、芸術文化振興基金、公益財団法人セゾン文化財団
支援 アイオーン、青木麻莉子、アゼクラミツコ、一之瀬善照、いではなえ、S.K.、emikuma、遠藤雄太、遠藤洋子、荻野達也、Kaoru、河原塚祐司、川南恵、giovanni、澤田絵津子、高須左恭、高野しのぶ、たれめのリリー、坪池栄子、中川真里、永渕哲三、のし、ふみ、masato、松本由希子、宮崎晃行、吉見由香、りいちろ、RUMMY、Y.Tamura(五十音順・敬称略)

続きを読む 第18回本公演/福島3部作・第1部先行上演『1961年:夜に昇る太陽』

第16回本公演『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』(再演)

父が死に、母は見えない猫を飼い始めた。母・よし子、61歳。プロのお母さんとして生きてきた彼女の人生にきらめく、ステキにまばゆい思い出たち! しかしその裏側には悲しい過去が隠されていて、そいつを猫たちがじゃんじゃん暴いてく──。だって僕たち、猫だもの!

2012年に上演され大好評を博した劇団の代表作『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』。多数寄せられた再演希望の声にお応えして、満を持しての再演です。来る超高齢化社会を前に描かれた、言わば「普通のお母さんの老後問題演劇」。世界一ステキで残酷な“ウソ”の物語が、東京・大阪・岡山の3都市で蘇ります。

続きを読む 第16回本公演『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』(再演)

番外短編『全肯定少女ゆめあ』

ふしぎふしぎふしぎ! どうして鳥は空を飛べるの? どうしてカニさんは横にしか歩けないの? どうして世界は滅びつつあるの? ──あちしの名前はゆめあ。夢はたっくんのお嫁さん! 邪悪な大人たちと戦うことを決意した。あちしたちの手で、みんなの笑顔を守るのよ!

──「小劇場演劇の活性化」を目的として、6劇団が15分ずつの作品を1ステージで上演する小さな演劇祭『15 Minutes Made』に、6年ぶりに参加。6年前は一番若手でした。今回はどうやら一番年輩。なので一番面白いやつ、作ります。 続きを読む 番外短編『全肯定少女ゆめあ』

第14回本公演『河童』

これはある精神病患者、第23号が誰にでも喋る話である。

「──人間! 馬鹿で、浅はかな、いやらしい、うぬ惚れきった、残酷な動物ばかり! その点、河童たちの社会は、合理的、先進的、人間的……、ィャ河、童、的、な、素晴らしいところ。(苦笑し)まだ疑ってらっしゃる? 私はこの目で確かに見ました。河童たちの暮らす国、完璧に幸福な理想郷を!」 続きを読む 第14回本公演『河童』

番外公演 『プルーフ/証明』

『プルーフ/証明』は、2000年5月にオフ・ブロードウェイで初演された後、圧倒的な観客の支持を得て、10月にはオン・ブロードウェイに進出。その後も世界各地で上演され続けている、アメリカ現代劇の最高傑作の一つと言える作品です。僕にとっては、翻訳家としてのデビュー作であり、演出家としても今回3度目の新演出となる、因縁の作品です。 続きを読む 番外公演 『プルーフ/証明』