ken のすべての投稿

DULL-COLORED POP vol.23『演劇合宿ワークショップ in 大阪』

in→dependent theatre 2nd クロージングシリーズ参加作品

概要

真夏の1週間、朝から晩まで演劇漬けで行われる演劇合宿ワークショップです。講師:谷賢一の指導の下、ゼロから演劇作りを学び、5日で作品を書き上げて、読み合わせをし、立ち稽古をし、夜には飲んで語り明かし、最終日2日はプロの音響・照明も入れて劇場で公演を行います。一週間で演劇作りの最初から最後までを体験して頂けるワークショップです。

特色:
1.「主人公型」と「群像劇型」、2種類の戯曲の書き方が学べます。
2.谷賢一が稽古をつけ、最終日には公演も行うことで、実践的な演技が学べます。
3.本番は音響・照明を仕込んだ上でin→dependent theatre 2ndの舞台に立てます。
4.期間中いくらでも、谷賢一および演劇狂の参加者たちと飲み、語り明かせます。
5.合宿の名の通り希望者は劇場関連施設に泊まれるので遠方からも参加できます。

開催期間

2020/7/27(月)~8/2(日)
※このうち8/1(土)と8/2(日)は作り上げた作品を有料公演として一般公開

会場

in→dependent theatre 2nd
 〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目7-22
 大阪市営地下鉄・堺筋線 恵美須町駅 1A出口 右手(北)5分

合宿のおおまかな流れ

7/27(月) 夕方頃集合、イントロダクション、題材決定、交流会
7/28(火) 朝からプロット作成、夜までには完成、台詞起こし開始
7/29(水) 台詞起こし終了、稽古
7/30(木) 稽古、舞台美術決定
7/31(金) 照明・音響仕込み、場当たり、舞台稽古
8/01(土) 本番2ステージ
8/02(日) 本番1ステージ、バラシ、打ち上げ・解散

・その都度、間に説明のために必要なエクササイズやシアターゲームを挟みます。
・基本的に毎晩、谷賢一や参加者と飲めます(希望者のみ・強制はありません)
・完成した台本の著作権は、合同会社DULL-COLORED POPが管理するものとします。

参加条件

3タイプの参加の仕方が可能です。

A) 俳優コース……稽古に参加し、本番に出演できます
 条件:演技経験があること。全日程に参加でき、本番に出演できること。
 ※定員に達したため募集を締め切りました。
B) 劇作家コース……劇作を実践・体験できます
 条件:劇作をしてみたい意思があること。稽古以外の全日程に参加できること。
 ※定員に達したため募集を締め切りました。
C) 見学コース……期間中いつでも自由に見学できます
 条件:特になし。ただの観客でも、どんな方でも参加可能。期間中出入り自由。

参加費

A) 俳優コース :3万円 ※定員に達したため募集を締め切りました。
B) 劇作家コース:2万円 ※定員に達したため募集を締め切りました。
C) 見学コース :1万円

本番

8/01(土) 14:00~、18:00~
8/02(日) 13:00~
※全てのステージでアフタートークあり

前売・一般 2000円 前売・学生 1000円
当日・一般 3000円 当日・学生 1500円

7/27(月)一般発売開始

諸注意

・宿泊については細則がありますので、ご希望の方はお問い合わせ下さい。
・公演に関してチケットノルマなどはありません。
 また、チケットバックを設定しますので、少額ですが出演料をお支払いします。
・お手持ちの衣装・小道具・執筆道具等をお借りすることがあります(任意)。

講師紹介:谷賢一

作家・演出家・翻訳家。明治大学演劇学専攻、英University of Kentにて演劇学を学んだ後、劇団DULL-COLORED POPを旗揚げ。ポップでロックな創作スタイルで脚本・演出ともに高い評価を受ける。

2013年『最後の精神分析』の翻訳・演出にて第6回小田島雄志翻訳戯曲賞、文化庁芸術祭優秀賞を受賞。2016年セゾン文化財団ジュニア・フェローに選出。また同年より新国立劇場・演劇研修所にて講師を務める。2019年には『福島三部作』を一挙上演し1万人を動員。2020年、第23回鶴屋南北戯曲賞を受賞、および岸田國士戯曲賞最終候補ノミネート。

応募方法

このページに書かれている内容をよく読み、理解した上で、下記の必要事項をworkshop@dcpop.orgまでお送り下さい。書類選考の後、結果をご連絡致します。

1)お名前(フリガナ)
2)メールアドレス(PCメール受信できるもの)
3)電話番号
4)年齢
5)性別
6)プロフィール・出演歴(書式自由)
7)志望動機・メッセージ
8)写真2点(添付ファイルでお送り下さい)
9)参加希望するコース(A:俳優・B:劇作家・C:見学からお選び下さい)

  • 見学コースをご希望の方は、6~8のご記入は不要です。
  • 書類を通過された方にはワークショップ参加費を銀行振込でご入金頂きます。入金確認を持って登録完了とさせて頂いております。
  • 【A:俳優コース】【B:劇作家コース】は定員に達したため、募集を締め切らせて頂きました。
  • 【C:見学コース】はまだ募集を受け付けておりますが、宿泊希望者が定員に達したため、今からお申し込みの方は宿泊はご利用頂けません。ご了承下さい。

お問い合わせ

合同会社 DULL-COLORED POP
Tel: 050-5579-6089
Mail: workshop@dcpop.org
Twitter: @dc_pop

第21回本公演『マクベス』終了しました

DULL-COLORED POP第21回本公演『マクベス』(KAAT神奈川芸術劇場提携公演)、無事に全日程終了しました。ご来場の皆様、本当にどうもありがとうございました。

DULL-COLORED POPの次回公演は、2020年の夏頃を予定しています。情報公開は2020年1月末頃の予定です。来年もどうぞよろしくお願い致します。

DULL-COLORED POP 演劇ワークショップ2020

DULL-COLORED POPでは劇団で培ってきた演劇論や知識・技術を広め、次なる新しい俳優たちと出会うため、演劇ワークショップ講座(以下WS)を開催しています。

2020年3月、約1年ぶりに主宰・谷賢一がWSを行います。『身体的行動の方法』『ただただ楽しいエチュード講座』『一本、芝居を作ってみるWS』の3プログラムをご用意しました。たくさんのご応募、お待ちしております。

期間2020年3月12日(木)~22日(日)
場所都内スタジオ
定員各プログラム・各日程ごとに12名ずつ

講師:谷賢一

谷賢一

日英の大学にて演劇学を学んだ後、劇団DULL-COLORED POPを旗揚げ。2013年『最後の精神分析』の翻訳・演出で第6回小田島雄志翻訳戯曲賞ならびに文化庁芸術祭優秀賞を受賞。2016年セゾン文化財団ジュニア・フェローに選出。また同年より新国立劇場・演劇研修所にて講師を務める。劇団外では海外演出家との共同製作を多く手掛ける。2019年には「福島三部作・一挙上演」にて一万人動員と書籍化を実現し、演劇界の話題を呼んだ。

応募方法

このページに書かれている内容をよく読み、理解した上で、下記の必要事項をworkshop@dcpop.orgまでお送り下さい。書類選考の後、結果をご連絡致します。定員に達し次第、募集を締め切らせて頂きますのでご注意下さい。

1)お名前(フリガナ)
2)メールアドレス(PCメール受信できるもの)
3)電話番号
4)年齢
5)性別
6)プロフィール・出演歴(書式自由)
7)志望動機・メッセージ(観たことのあるDULL-COLORED POP/谷賢一作品があればお書き下さい)
8)写真2点(添付ファイルでお送り下さい)
9)参加希望するWS日程(A~Fからお選びください)

* * *

WS Programs

WS Program A『身体的行動の方法』

伝説の演出家にして俳優指導者であるスタニスラフスキーが、そのキャリアの後期で採用していた『身体的行動の方法』をテーマにしたWSです。行動を通じて感情を獲得する方法と、素早くテキストを立体化するプロセスについて学びます。参加者にはテキストを配布しますので、WS初日までに覚えて参加して下さい。

日程 【A】3月13日(金)~15日(日)の3日間、それぞれ12時~16時 ※募集は締め切りました。
【B】3月13日(金)~15日(日)の3日間、それぞれ17時~21時 ※募集は締め切りました。
参加費 8000円

* * *

WS Program B『ただただ楽しいエチュード講座』

エチュード(即興演技)の簡単で楽しいやり方を教えます。苦手意識のある人でも絶対にできて、必ず楽しいエチュード理論。「意志と行動」「対話」などの概念について触れ、演劇の成り立ちや会話劇の仕組みについても学ぶことが出来る実用的テクニックが満載です。

日程【C】3月12日(木) 12時~16時 ※募集は締め切りました。
【D】3月12日(木) 17時~21時 ※募集は締め切りました。
参加費 4000円

* * *

WS Progam C『一本、芝居を作ってみるWS』

谷賢一の演出により、一本、実際に芝居を作ってみる超実践的WSです。一本の芝居を作るプロセスの中で様々な方法論や演技論を紹介していき、最後には作品として完成させることを目指します。最終日には観客を招いての試演会も予定しています。実際の創作を通じて実践的な技術を手に入れましょう。参加者にはテキストを配布しますので、WS初日までに覚えて参加して下さい。

日程【E】3月16日(月)~3月22日(日)の7日間、12時~16時 ※募集は締め切りました
【F】3月16日(月)~3月22日(日)の7日間、17時~21時 ※募集は締め切りました
参加費 20000円

* * *

WS Program Extra『見学』

「参加はできないが見てみたい」「俳優ではないが内容を知りたい」という方へ向けて、見学のコースをご用意しました。俳優にとっては「見られる」こと自体が良い訓練になりますから、見学者は大歓迎です。

見学料は、各プログラムともに参加費の半額とさせて頂きます(定員あり)。なお、見学ですので全日程・全時間いられない方でもご参加頂けます。氏名・連絡先と見学したいプログラム・日程をお書き添えの上、workshop@dcpop.orgまでお問い合わせ下さい。

※見学もすべて定員に達したため、募集を締め切らせて頂きました。ご了承下さい。

福島三部作・一挙上演、ぶじ終了しました

DULL-COLORED POP第20回本公演「福島三部作・一挙上演」(第一部『1961年:夜に昇る太陽』、第二部『1986年:メビウスの輪』、第三部『2011年:語られたがる言葉たち』)の東京・大阪・福島公演の全日程が終了しました。ご来場頂いた皆様、誠にありがとうございました。また、お力を貸して下さった皆様、応援して下さった皆様、出資して下さった皆様、誠にありがとうございました。

主宰・谷賢一から感謝の言葉

『福島三部作・一挙上演』大阪公演の当日券について

当日券は各公演開演45分前に抽選にて販売致します。開演45分前までに劇場へお越しください。番号札をお渡し致します。45分前を過ぎますと当日券抽選番号の配布を締め切らせて頂きます。

劇場には並んでお待ちいただく場所がございませんので、開演45分前を目指してお越しください。抽選ですので、早くからお並び頂く必要はございません。

【当日券料金】
一般:4300円、学生:3300円、通し券(9/2のみ):10,300円
当日券のご購入はお一人様につき一枚までとさせて頂きます。

第20回本公演「福島3部作・一挙上演」

DULL-COLORED POPでは2019年夏、谷賢一が3年間かけて取材・構想・執筆を行う「福島3部作」の一挙上演を行います。

 私の母は福島の生まれで、父は原発で働いた技術者だった。私自身も幼少期を福島で過ごし、あの豊かな自然とのどかな町並みが原風景となっている。
 原発事故はなぜ起きてしまったのか? 政治・経済・地域の問題が複雑に絡まり合い、簡単に答えが出せない問題だ。しかし、だからこそ演劇でなら語れるのではないかと思った。異なる意見を持つ者たちが出会い、言葉を戦わせ合うのが演劇だ。答えを示すことよりも、問いを強く投げかけるのが演劇だ。演劇でなら語れる、「なぜあの事故は起きてしまったのか?」
 2年半に渡る取材成果を三部作・三世代の家族の話として紡ぎ直し、人間のドラマとして福島と原発の歴史を問い直したい。

第一部『1961年:夜に昇る太陽』

 1961年。東京の大学に通う青年・<穂積 孝>は故郷である福島県双葉町へ帰ろうとしていた。「もう町へは帰らない」と告げるために。北へ向かう汽車の中で孝は謎の「先生」と出会う。「日本はこれからどんどん良くなる」、そう語る先生の言葉に孝は共感するが、家族は誰も孝の考えを理解してくれない。そんな中、彼ら一家の知らぬ背景で、町には大きなうねりが押し寄せていた……。
 福島県双葉町の住民たちが原発誘致を決定するまでの数日間を、史実に基づき圧倒的なディテールで描き出したシリーズ第一弾。

出演: 東谷英人、井上裕朗、内田倭史(劇団スポーツ)、大内彩加、大原研二、塚越健一、 宮地洸成(マチルダアパルトマン)、百花亜希(以上DULL-COLORED POP)、阿岐之将一、倉橋愛実

* * *

第二部『1986年:メビウスの輪』

 福島第一原発が建設・稼働し、15年が経過した1985年の双葉町。公金の不正支出が問題となり、20年以上に渡って町長を務めてきた田中が電撃辞任した。かつて原発反対派のリーダーとして活動したために議席を失った<穂積 忠>(孝の弟)は、政界から引退しひっそりと暮らしていたが、ある晩、彼の下に2人の男が現れ、説得を始める。「町長選挙に出馬してくれないか、ただし『原発賛成派』として……」。そして1986年、チェルノブイリでは人類未曾有の原発事故が起きようとしていた。
 実在した町長・岩本忠夫氏の人生に取材し、原発立地自治体の抱える苦悩と歪んだ欲望を克明に描き出すシリーズ第二弾。

出演:宮地洸成(マチルダアパルトマン)、百花亜希(以上DULL-COLORED POP)、 岸田研二、木下祐子、椎名一浩、藤川修二(青☆組)、古河耕史

* * *

第三部『2011年:語られたがる言葉たち』

 2011年3月11日、東北全体を襲った震災は巨大津波を引き起こし、福島原発をメルトダウンに追い込んだ。その年末、<孝>と<忠>の弟にあたる<穂積 真>は、地元テレビ局の報道局長として特番製作を指揮していたが、各市町村ごとに全く異なる震災の悲鳴が舞い込み続け、現場には混乱が生じていた。真実を伝えることがマスコミの使命か? ならば今、伝えるべき真実とは一体何か? 被災者の数だけ存在する「真実」を前に、特番スタッフの間で意見が衝突する。そして真は、ある重大な決断を下す……。
 2年半に渡る取材の中で聞き取った数多の「語られたがる言葉たち」を紡ぎ合わせ、震災の真実を問うシリーズ最終章。

出演:東谷英人、井上裕朗、大原研二、佐藤千夏、ホリユウキ(以上 DULL-COLORED POP)、 有田あん(劇団鹿殺し)、柴田美波(文学座)、都築香弥子、春名風花、平吹敦史、森 準人、山本 亘、渡邊りょう

* * *

スタッフ

作・演出:谷賢一 美術:土岐研一 照明:松本大介 音響:佐藤こうじ 衣裳:友好まり子 舞台監督:竹井祐樹 演出助手:美波利奈 宣伝美術:ウザワリカ 制作助手:柿木初美・德永のぞみ・竹内桃子(大阪公演) 制作:小野塚央

【助成】セゾン文化財団 【東京公演】助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、芸術文化振興基金 【大阪公演】芸術文化振興基金 【福島公演】主催:いわき芸術文化交流館アリオス  【東京・大阪公演】主催:合同会社 DULL-COLORED POP

東京公演

日程

8/08(木)~11(日) 第2部上演
8/14(水)~18(日) 第3部上演
8/23(金)~28(水) 第1部~第3部連続上演!

受付は開演の45分前、開場は開演30分前。

8月8(木)9(金)10(土)11(日)
19時 第2部19時 第2部13時 第2部
18時 第2部
13時 第2部
18時 第2部
12(月)13(火)14(水)15(木)16(金)17(土)18(日)
休演日休演日19時 第3部14時 第3部
19時 第3部
19時 第3部13時 第3部
18時 第3部
13時 第3部
18時 第3部
19(月)20(火)21(水)22(木)23(金)24(土)25(日)
休演日休演日休演日休演日13時 第1部
16時 第2部
19時 第3部 
13時 第1部
16時 第2部
19時 第3部
13時 第1部
16時 第2部
19時 第3部
26(月)27(火)28(水)
13時 第1部
16時 第2部
19時 第3部
13時 第1部
16時 第2部
19時 第3部
11時 第1部
13時半 第2部
16時 第3部 

終演後イベント

【トークディスカッション】
8/9(金)、8/16(金)、8/23(金)19時の回 終了後
公演終了後、作・演出の谷賢一と作品内容について語り合うトークディスカッションを開催します(参加自由)。この作品が皆様にどう響いたか、お聞かせ下さい。

【アフタートーク】
8/08(木)19時 永井愛(劇作家・演出家・二兎社主宰)
8/10(土)18時 白井晃(演出家・KAAT神奈川芸術劇場芸術監督)
8/17(土)18時 大森真( 元テレビユー福島報道局長/現飯舘村職員 )
8/25(日)19時 長塚圭史(劇作家・演出家・俳優/阿佐ヶ谷スパイダース)

会場:東京芸術劇場シアターイースト

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目8−1 https://www.geigeki.jp/
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩 2 分。駅地下通路 2b 出口と直結。

チケット

【一般発売日】
6 月 8 日(土)午前 10 時

【チケット料金】
指定席 一般:4,200円 学生:3,500円 高校生:2,000円(チケットぴあでのみ取り扱い)
通しチケット:10,000 円(各日100枚限定)
当日券:4500 円

【チケット取り扱い】
チケットぴあ https://w.pia.jp/t/dcpop/ (Pコード494-475)
東京芸術劇場ボックスオフィス https://www.geigeki.jp/ti/

【当日精算ご予約フォーム】
こちらは『福島三部作』当日精算のご予約フォームです。
お席はこちらにお任せいただきます。何卒ご了承ください。
<東京公演> 指定席
https://torioki.confetti-web.com/form/915
<大阪公演> 自由席
https://torioki.confetti-web.com/form/926

※学生チケットをご購入の方は、当日受付にて座席指定チケットをお引き換えください。
※未就学児入場不可。
※開演いたしますと、ご指定のお席にご案内できない場合がございます。
※8月28日は通し券のみ発売します。

大阪公演

日程

8月31日(土)
9月1日(日)
9月2日(月)
13 時 第一部 16 時 第二部 19 時~第三部
13 時 第一部 16 時 第二部 19 時~第三部☆
10 時 第一部 12 時半 第二部 15 時~第三部

☆終演後、ディスカッショントークあり。公演終了後、作・演出の谷賢一と作品内容について語り合うトークディスカッションを開催します(参加自由)。この作品が皆様のどう響いたのか、お聞かせ下さい。
※受付は開演の45分前、開場は開演30分前。

会場:in→dependent theatre 2nd

〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目7-22 インディペンデントシアター2nd
●Osaka Metro・堺筋線 恵美須町駅 1A 出口 右手(北)5 分 http://itheatre.jp/2nd.html

チケット

【 チケット料金】
一般:3,800円 学生:3,300円 通しチケット:9,800円(各日80枚限定)
当日券:4,300円
※整理番号付自由席
※未就学児入場不可。
※9月2日は通し券のみ発売します。

【チケット取り扱い】 劇団 HP、チケットぴあ(P コード 494-476)
【一般発売日】 6月8日(土)午前10時

【当日精算ご予約フォーム】
こちらは『福島三部作』当日精算のご予約フォームです。
お席はこちらにお任せいただきます。何卒ご了承ください。
<大阪公演> 自由席
https://torioki.confetti-web.com/form/926

福島公演

第二部『1986 年:メビウスの輪』 7月6日(土)18時30分、7日(日)14時
第三部『2011 年:語られたがる言葉たち』 9月7日(土)18時30分、8日(日)14時

【会場】 いわき芸術文化交流館アリオス 小劇場
【料金】 全席自由3,000円 高校生以下1,000円
    第二部&第三部セット券:4,500円 高校生以下:1,500 円
※未就学児入場不可/一般発売日:5 月 11 日(土)

チケット

アリオスチケットセンター(火曜定休)0246-22-5800
※電話番号のおかけ間違いにご注意ください。

WEBサイトからのご予約:
http://iwaki-alios.jp/support/ticket.html

ご注意

  • 演出の都合上、客席内の冷房が強めに設定されております。羽織りものなどお持ち下さいますようお願い致します。
  • 開演から暫くはお席にご案内出来ないお時間となります。お時間には余裕を持ってご来場下さい。
  • 第三部では劇中、地震に関する直接的な表現・演出がございます。苦手な方やPTSD症状などをお持ちの方はご観劇を控えるか、劇団にご相談下さい。

よくある質問

Q.三部作、どれから観たらいいですか? どれか一作だけ観てもわかるでしょうか?
A.三部作それぞれの作品はそれぞれ独立していますので、一作だけ観ても楽しんで頂けます。また、どの作品から観て頂いても特にネタバレの心配などはありません。
ご参考までに、主宰・作・演出の谷賢一が書いた「超個人的プレイガイド」リンクを掲載しておきます。 → 超個人的・福島三部作プレイガイド

Q.上演時間を教えて下さい。
A.第二部・初日の上演時間は1時間51分、第三部・初日の上演時間は1時間53分でした(いずれもカーテンコールは含まず)。また第一部・稽古場最終通しの上演時間は1時間56分でした。ご参考までに……。

東京公演・当日券のご案内

DULL-COLORED POP福島三部作@東京公演・ 当日券は、開演の45分前から、劇場受付にて先着順で販売いたします。 8月8日から18日までは毎公演販売予定です。8月23日以降の当日券ついては改めてご案内いたします。

18日までは来て頂ければ、基本的にはご入場頂けます。思い立ったら是非いらして下さい!!

公演情報
http://www.dcpop.org/vol20/