ken のすべての投稿

DULL-COLORED POP主催・演劇BAR@2021年1月

以下のようなイベントを時間をかけて準備してきた……のですが、ここ最近、急激にコロナ状況が悪化してきたため、開催できるか検討中です。状況を見ながら再度アナウンス致しますのでお待ち下さい。

緊急事態宣言が発出されたため対面開催を諦め、オンラインで開催することに致しました。完全無料・予約不要、どなたでもご参加OK! 巣ごもりのまま、演劇の話題で盛り上がりましょう!

【日時】2021年1月18日(月)21:00~配信開始
【参加】完全無料・予約不要・オンライン開催
【出演】谷賢一(オーナー)、塚越健一(ママ)、ほかゲストも募集
【配信URL】https://youtu.be/i3_A5Ksl59I

※完全無料開催ですが、お店のキャンセル料などかかるため、余裕のある方はカンパにご協力頂ければ幸いです。カンパは「三菱東京UFJ銀行・行徳支店 (普通)0367169 口座名義:DULL-COLORED POP 会計・塚越健一」までお願い致します。

お問い合わせなどはTwitter(@dc_pop)からお願い致します。

続きを読む DULL-COLORED POP主催・演劇BAR@2021年1月

DULL-COLORED POP主催・東日本大震災10周年記念チャリティーイベント「福島三部作・無料上映会&トーク」

DULL-COLORED POPでは2018年~2021年にかけて、福島と原発を巡る50年の歴史を描いた「福島三部作」を上演し、観客1万人動員を達成、岸田國士戯曲賞・鶴屋南北戯曲賞を受賞するなど、幅広く評価を受けてきました。取材や上演にご協力頂いた皆様、そしてご観劇頂いた皆様、誠にありがとうございました。

そして来たる2021年3月11日、東日本大震災から10年が経ちます。被災地で失われた命やコミュニティは取り返しがつくものではなく、今でも故郷に戻れない人たちが大勢います。そこで劇団として311を追悼し、震災の記憶を語り継いでいくために、無料のチャリティーイベントを開催することに致しました。

当日は「福島三部作」の記録映像を第一部から第三部までノーカットで上映する他、谷賢一ほかゲストが登壇するトークイベントを開催します。本イベントは完全無料でご入場頂けますが、被災地支援のための募金箱を設置致します。あの戦後最大の悲劇に思いを馳せつつ、よろしければ募金にご協力下さいませ。

イベント概要

日時 2021年3月11日(木) 11:00~20:30(途中入退場自由)
料金 無料
会場 北とぴあ・ドームホール
   (〒114-8503 東京都北区王子1-11-1、JR王子駅から徒歩3分)
出演 谷賢一、ほか(順次発表します)

当日のプログラム

11:00~13:00 第一部『1961年:夜に昇る太陽』上映
13:30~15:00 第二部『1986年:メビウスの輪』上映
16:00~18:00 第三部『2011年:語られたがる言葉たち』上映
19:00~20:30 トークイベント(無料オンライン中継あり)

ご注意:

  • 記録映像の上映のため、一部見づらい・聞きづらいところがございます。
  • 検温・消毒など、感染症対策にご協力頂きます。また今後の感染症拡大状況によっては、急遽中止とさせて頂く場合がございます。ご了承下さい。

ご予約方法

以下のフォームから必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。

https://forms.gle/coGLL3dnaYrAKWFL9

◎お問い合わせ

合同会社DULL-COLORED POP
Tel: 050-5579-6089
Mail: info@dcpop.org
Twitter: @dc_pop

DULL-COLORED POP演劇学校 2021年2・3月開講分の講座/ワークショップ

定員に達したクラスについては、取り消し線(こんな感じ)で削除してあります。定員に達していないクラスにご応募下さい。

演劇論クラス

戯曲を読む会・『福島三部作』

毎回一つ課題戯曲を選び、声に出して読み進めながら、作品の背景や人物の感情を読み解いて行く戯曲読解講座です。講師は著者本人・谷賢一が務めます。戯曲の設定や意図などを紹介しつつ、執筆・創作の裏話等もお話致します。

対象は、戯曲を読むことに興味がある方ならどなたでも。純粋に観るだけの観客の方や、読者の方も大歓迎です。戯曲読解に興味がある俳優・演劇関係者の方もご参加頂けます。戯曲を読む楽しさ・面白さをぜひ体験してみましょう。

【講師】谷賢一 / アシスタント:大内彩加
【対象】観客・演劇ファン、読者・俳優・スタッフほか、どなたでも
【費用】参加:4000円 オンライン見学:2000円
【会場】都内の会議室(駅から徒歩圏内)

【日程】以下のA~Fからお選び下さい。
  第一部『1961年:夜に昇る太陽』
  A:2/20(土)12:00~16:00 B:2/20(土)17:00~21:00
  第二部『1986年:メビウスの輪』
  C:2/27(土)12:00~16:00 D:2/27(土)17:00~21:00
  第三部『2011年:語られたがる言葉たち』
  E:3/06(土)12:00~16:00 F:3/06(土)17:00~21:00

【お申し込み方法】
以下のフォームから必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。

https://forms.gle/bmFznwC2Wb38L2hD6

【ご注意事項】

  • 戯曲は出版されています。書店・Amazonでご購入頂くか図書館で取り寄せるなどして、できるだけご自身でご準備下さい。どうしても調達できない方は別途ご相談下さい。
  • 会場ではマスクの着用や手指の消毒など、各種感染症予防対策にご協力頂きます。また熱やせきなど体調不良の兆候のある方は、ご参加をお断りさせて頂きます。
  • ご購入された書籍を持参された方には、サイン、名入れなど致します。
  • お時間の許す限り、質疑応答なども行います。
  • なお『福島三部作』の後には、『演劇』『従軍中のウィトゲンシュタイン』『人類史』など谷賢一戯曲の他、シェイクスピア・イプセン・チェーホフなど古典戯曲を題材にして開催することも予定しています。ご興味のある方はお問い合わせ下さい。

演劇史入門

演劇は常に社会や文明の変化に影響され、時代に合わせて変遷してきました。ギリシャ悲劇からシェイクスピア、近代演劇まで、戯曲や演出・上演形態がどのように変化してきたか、時代ごとの代表作を紹介しつつ振り返る入門者向けの演劇史講義です。

【講師】谷賢一 / アシスタント:大内彩加
【対象】観客・演劇ファン、読者・俳優・スタッフほか、どなたでも
【費用】参加:4000円 オンライン見学:2000円
【会場】都内の稽古場(駅から徒歩圏内)

【日程】以下のG・Hからお選び下さい。
  G:3/4(木)12:00~16:00
  H:3/4(木)17:00~21:00 

【お申し込み方法】
以下のフォームから必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。

https://forms.gle/bmFznwC2Wb38L2hD6

演技クラス・経験者向け

演技クラス1「演技のための身体、リラックスと集中・反応」

演技のすべては準備から始まります。特に「リラックスと集中」の状態を手に入れて、言葉や出来事に反応できる身体を準備することが重要です。スタニスラフスキーやマイズナー、アクターズスタジオの方法論をアレンジしてお伝えする講座です。(4時間×3回)

【講師】谷賢一 / アシスタント:大内彩加
【対象】プロ・あるいはプロを目指す俳優など、演技経験のある方
【費用】参加:8000円 見学:4000円 オンライン見学:4000円
【会場】都内の稽古場(駅から徒歩圏内)

【日程】以下のI・Jからお選び下さい。
  I:2/22(月)~24(水)の3日間、いずれも12:00~16:00 定員に達しました
  J:2/22(月)~24(水)の3日間、いずれも17:00~21:00 定員に達しました

【お申し込み方法】
以下のフォームから必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。

https://forms.gle/9MMSX9VwGgzhxcpu5

演技クラス2「目的と行動、相手を動かす技術」

俳優が正しく強く「その場にいる」ためには、戯曲を分析し、目的と行動を取り出すことが必要です。台詞とは自分の役を説明するためにあるのではなく、相手を動かすために使うことで強化されます。会話劇の根幹となる技術を学ぶ講座です。(4時間×3回)

【講師】谷賢一 / アシスタント:大内彩加
【対象】プロ・あるいはプロを目指す俳優など、演技経験のある方
【費用】参加:8000円 見学:4000円 オンライン見学:4000円
【会場】都内の稽古場(駅から徒歩圏内)

【日程】以下のK・Lからお選び下さい。
  K:2/25(木)・26(金)・28(日)の3日間、いずれも12:00~16:00 定員に達しました
  L:2/25(木)・26(金)・28(日)の3日間、いずれも17:00~21:00 定員に達しました

【お申し込み方法】
以下のフォームから必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。

https://forms.gle/9MMSX9VwGgzhxcpu5

演技クラス3「テキストの立体化、身体的行動の方法」

心と身体は繋がっています。そして感情を動かすためには、身体と行動を用いることが有効です。後期スタニスラフスキーのメソッド「身体的行動の方法」を通じて、役の動機や思考・性格を立体化させ、強い感情を引き出すメソッドをお伝えします。(4時間×3回)

【講師】谷賢一 / アシスタント:大内彩加
【対象】プロ・あるいはプロを目指す俳優など、演技経験のある方
【費用】参加:8000円 見学:4000円 オンライン見学:4000円
【会場】都内の稽古場(駅から徒歩圏内)

【日程】以下のM・Nからお選び下さい。
  M:3/1(月)~3/3(水)の3日間、いずれも12:00~16:00 定員に達しました。
  N:3/1(月)~3/3(水)の3日間、いずれも17:00~21:00 定員に達しました。

【お申し込み方法】
以下のフォームから必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。

https://forms.gle/9MMSX9VwGgzhxcpu5

演技クラス・大原研二「テクニックだけのワークショップ」

本番で演じる上でやらなくてはいけないこと(台詞・動き・演出・段取りなど)は、自分を縛るものではなく、むしろ自由と可能性を教えてくれるヒントです。不自由を自由に変えるためのテクニックを学び、実践力を手に入れるワークショップです。(4時間×3回)

【講師】大原研二 / アシスタント:大内彩加
【対象】プロ・あるいはプロを目指す俳優など、演技経験のある方
【費用】参加:8000円 見学:4000円 オンライン見学:4000円
【会場】都内の稽古場(駅から徒歩圏内)

【日程】以下のO・Pからお選び下さい。
  O:3/5(金)~3/7(日)の3日間、いずれも12:00~16:00 定員に達しました。
  P:3/5(金)~3/7(日)の3日間、いずれも17:00~21:00

【お申し込み方法】
以下のフォームから必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。

https://forms.gle/9MMSX9VwGgzhxcpu5

特別開催

演技クラス「演劇で遊ぼう!」

“play is play”――「演劇は遊びである」、というピーター・ブルックの言葉にならい、演劇で遊び倒します。稽古のアップにも使えるようなシアターゲームをはじめ、演劇を使って楽しむWSです。本当にただ遊びます!

【講師】内田倭史・大内彩加・宮地洸成
【対象】俳優ほか、どなたでも
【費用】参加:1000円 見学:500円 オンライン見学:500円
【会場】都内の稽古場(駅から徒歩圏内)

【日程】以下のQ・Rからお選び下さい。
  Q:2/27(土)12:00~16:00
  R:2/27(土)17:00~21:00

【お申し込み方法】
以下のフォームから必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。

https://forms.gle/9MMSX9VwGgzhxcpu5

◎見学、およびオンライン見学について

ほとんどの講座/ワークショップで、見学枠を設けています。見学枠は「参加」はできず、質問なども限られますが、最初から最後まですべてのやり取りをご覧頂けます。

また、オンライン見学のコースもご用意しております。配信はYouTube Liveを通じて行うので、特殊なソフトのインストールは必要なく、一般的なPCやスマホでご覧頂けます。また、アーカイブ機能がご利用頂けますので、リアルタイムで見られなくても後日お好きな時間にご覧頂けます。

なおクラウドファンディングでご支援頂いた方向けの特典として、どの講座/ワークショップでも無制限で見学できる見学フリーパスをご用意しております。詳しくはクラウドファンディングのページをご覧下さい。

講師紹介

講師/監修:谷賢一

劇作家・演出家・翻訳家。1982年生まれ。日本劇作家協会事業委員。新国立劇場演劇研修所講師。

明治大学文学部演劇学専攻、およびイギリス・University of Kent at Canterburyにて演劇学を学んだ後、劇団DULL-COLORED POPを旗揚げ。2019年福島県と原発の歴史を3部構成で描いた『福島三部作』を一挙上演し、10,000人を動員。岸田賞・南北賞ダブル受賞という快挙を成し遂げた。

デヴィッド・ルヴォーやシディ・ラルビ・シェルカウイ、フィリップ・ドュクフレといった海外アーティストとのコラボレーション作品も多数発表している。

受賞歴:

  • 第6回小田島雄志翻訳戯曲賞(『最後の精神分析』の翻訳において)
  • 第68回文化庁芸術祭優秀賞(『最後の精神分析』の演出において)
  • 第64回岸田國士戯曲賞(『福島三部作』の劇作において)
  • 第23回鶴屋南北戯曲賞(福島三部作『1986年:メビウスの輪』の劇作において)

講師:大原研二

DULL-COLORED POP所属。舞台・映画・ドラマ等、様々な現場での経験をもとに東京だけでなく各地でワークショップも行いながら、映画・舞台で活躍する女優俳優のプライベートレッスンも受け持つ。主な出演作にDULL-COLORED POP作品を中心として、映画『アウトレイジ』、ミナモザ、長塚圭史『蛙昇天』などがある。

DULL-COLORED POP演劇学校

DULL-COLORED POPでは、俳優・劇作家・演出家など次世代のアーティストを育成すると共に、観客や演劇ファンが楽しく演劇に触れられる学びの場を提供するために、「学校」を作りました。これまで15年以上に渡って谷賢一および劇団が培ってきたワークショップや講座を再編成し、知識や技術を伝えていきます。

プログラムにはプロの俳優向けのものだけでなく、演劇を始めたばかりの入門者向けのものや、プロを目指さない一般観客向けのものもございます。それぞれ独立した内容として構成されているため、1つのクラスから受講できます。感染症対策の一環として、オンラインを含む見学コースも準備しました。

将来的には受講者から選抜されたメンバーを出演者として、試演会や公演などの開催も予定しています。詳細についてはお問い合わせ下さい。

◎シラバス(講義案内)

演劇論クラス:

演技クラス・初心者&未経験者向け:

演技クラス・経験者向け:

その他:

◎開催時期、および応募方法について

2021年の3月以降、基本的に奇数月(1・3・5・7・9・11月)に開催します。細かい開催時期や応募方法などは、劇団のウェブサイトとTwitterで告知致します。また、最新情報は以下のリンクからご確認頂けますのでご活用下さい。

また、「受講や見学を予約したい」「次回開催が決まったら案内を送って欲しい」などのご要望にもお答えします。school@dcpop.orgまでメールにてお問い合わせ下さい。

◎見学、およびオンライン見学について

ほとんどの講座/ワークショップで、見学枠を設けています。見学枠は「参加」はできず、質問なども限られますが、最初から最後まですべてのやり取りをご覧頂けます。

また、オンライン見学のコースもご用意しております。配信はYouTube Liveを通じて行うので、特殊なソフトのインストールは必要なく、一般的なPCやスマホでご覧頂けます。また、アーカイブ機能がご利用頂けますので、リアルタイムで見られなくても後日お好きな時間にご覧頂けます。

なおクラウドファンディングでご支援頂いた方向けの特典として、どの講座/ワークショップでも無制限で見学できる見学フリーパスをご用意しております。詳しくはクラウドファンディングのページをご覧下さい。

◎講師/監修:谷賢一

劇作家・演出家・翻訳家。1982年生まれ。日本劇作家協会事業委員。新国立劇場演劇研修所講師。

明治大学文学部演劇学専攻、およびイギリス・University of Kent at Canterburyにて演劇学を学んだ後、劇団DULL-COLORED POPを旗揚げ。2019年福島県と原発の歴史を3部構成で描いた『福島三部作』を一挙上演し、10,000人を動員。岸田賞・南北賞ダブル受賞という快挙を成し遂げた。

デヴィッド・ルヴォーやシディ・ラルビ・シェルカウイ、フィリップ・ドュクフレといった海外アーティストとのコラボレーション作品も多数発表している。

受賞歴:

  • 第6回小田島雄志翻訳戯曲賞(『最後の精神分析』の翻訳において)
  • 第68回文化庁芸術祭優秀賞(『最後の精神分析』の演出において)
  • 第64回岸田國士戯曲賞(『福島三部作』の劇作において)
  • 第23回鶴屋南北戯曲賞(福島三部作『1986年:メビウスの輪』の劇作において)

講師/監修:谷賢一からのメッセージ

学ぶことは楽しい。私は日本とイギリスの大学で演劇を学ぶことで、より演劇を深く、楽しく理解できるようになりました。表現者にとって、基礎は自由への第一歩です。画家にとってのデッサン、音楽家にとっての練習曲があるように、演劇にも基礎があり、基礎があるからオリジナリティも出せる。日本でも古くから「守破離」と言って、芸道の基礎は学ぶこと・習うこと・倣うこと、そしてその先に自由な表現があるのです。

そして観客にとっても演劇を学ぶことは有意義です。少しでも楽器を学ぶと音楽を聴くのがぐんと楽しくなり、より深く理解できるようになるのと同じように、演劇を学ぶことでより演劇を楽しく・深く観ることができるようになります。観客を対象としたプログラムを充実させていきたいと思います。

先人たちの粘り強い努力により、ここ数十年で日本にも優れた演劇学校がずいぶん増えました。しかし大学に入り直したり、研修所や養成所に通うのはちょっと大変です。この演劇学校では、自分にとって必要なクラスを必要なときに受けられるよう細かくシラバスを分けました。より深く演劇を学ぶための第一歩としてお役に立てれば幸いです。また私も自分の学んできたことを若い世代に還元することで、演劇界の発展に微力ながら貢献したいと心から願っています。

2021年1月 谷賢一

◎クラウドファンディング・ご支援のお願い

DULL-COLORED POP演劇学校では、意欲の高い有望な俳優(あるいは劇作家・演出家)を対象としたスカラシップの設立を目指しています。参加費を取らない、無料で参加できるクラスやレッスンを用意し、さらに試演会や新人公演などを開催することで、優秀な人材に活躍の場を用意します。

クラウドファンディングでご支援頂くと、学校に参加できる様々なリターンが受け取れます。ぜひ一度、以下のページから詳細をご覧になってみて下さい。

→DULL-COLORED POP演劇学校 クラウドファンディング・ご支援のお願い

◎お問い合わせ

「自分に合ったクラスがわからない」「こんなことを知りたい/学びたい」などのご質問やご要望も、こちらまでお寄せ下さい。

合同会社DULL-COLORED POP
Tel: 050-5579-6089
Mail: school@dcpop.org
Twitter: @dc_pop

『福島三部作』TPAM再演

作・演出 谷賢一

2019年に上演された『福島三部作』が、TPAM(国際舞台芸術ミーティング in 横浜)にて期間限定で再演されることになりました。

公演日程

2021年2月9日㈫、12日㈮~14日㈰  第一部『1961年:夜に昇る太陽』
2021年2月10日㈬、12日㈮~14日㈰ 第二部『1986年:メビウスの輪』
2021年2月11日㈭~14日㈰ 第三部『2011年:語られたがる言葉たち』

ご注意 
ご来場前にこちらの注意事項をお読みください。
ニュース|KAAT 神奈川芸術劇場

2/9㈫ 19:30第一部★                    
2/10㈬ 19:30第二部★
2/11㈭ 19:30第三部★
2/12㈮ 12:00第一部 15:30第二部 19:00第三部
2/13㈯ 12:00第一部 15:30第二部 19:00第三部  
2/14㈰ 12:00第一部 15:30第二部 19:00第三部
★=オンライン配信あり 
上演時間各約120分

チケット

オーディエンス
指定席・オンライン配信 3,500円

プロフェッショナル(参加登録・マイページについて
指定席・オンライン配信 1,000円

チケット発売日は決まり次第お知らせします。

より詳細な情報はTPAMのサイトに記載されています。
お問い合わせやチケットの申し込みは主催TPAMまでお願い致します。

TPAM 2021 https://www.tpam.or.jp/2021/

会場:KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

〒231-0023 横浜市中区山下町281 
アクセス|KAAT 神奈川芸術劇場
みなとみらい線 日本大通り駅 3番出口より徒歩5分
みなとみらい線 元町・中華街駅 1番出口より徒歩8分
横浜市営地下鉄ブルーライン 関内駅より徒歩14分
JR根岸線 関内駅または石川町駅から徒歩14分

お問い合わせ

TPAM 2021
https://www.tpam.or.jp/2021/
Tel:045-264-6514
Fax:045-264-6598
お問い合わせ | TPAM – 国際舞台芸術ミーティング in 横浜

文化庁令和2年度戦略的芸術文化創造推進事業「JAPAN LIVE YELL project」
主催:文化庁、公益社団法人日本芸能実演家団体協議会、PARC – 国際舞台芸術交流センター、国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2021 実行委員会

大阪・演劇創作ワークショップ 上演会

選抜されたワークショップ参加者たちを対象に、講師・谷賢一が劇作のイロハとノウハウを伝授し、いくつかの短編作品を創作して上演します。「主人公型」と「群像劇型」、2つのプロット作成方法を用いて創作した短編に、照明・音響を加えて上演。全ての公演にアフタートークがあり、創作秘話や裏話をお届けします。

◎出演者

東谷英人(DULL-COLORED POP)、池田ユリア、内田倭史(DULL-COLORED POP)、岡﨑初海、オガワジョージ、神山慎太郎、川口知夏、木下菜穂子、日下範子、杉山文乃、ネルマイサゴ、深海哲哉、星善之、松尾元勢、萬谷真之

続きを読む 大阪・演劇創作ワークショップ 上演会

『アンチフィクション』通販

『アンチフィクション』ご来場の皆様へ

◎当日券販売に関しまして

本公演は、当日の受付混雑緩和のため、また感染者が発生した場合に備え、ご連絡先の登録をお願いするべく、当日券は各当日0時より、CoRich【https://ticket.corich.jp/apply/107713/】にて予約受付を行います。

  • 予定枚数に達した場合、もしくは各回開演の2時間前になりましたら受付は終了いたします。
  • 当日受付にてご精算いただきます。
  • 完売回に関しましては、若干枚数のご用意となります。
  • ご予約順にお席をご用意させていただきます。ご来場順ではございません。
  • 複数枚ご予約いただいても、一緒に入場できない場合や、お連れ様と並びのお席がご用意できない可能性がございます。予めご了承ください。
  • [キャンセル待ち]のご予約に関しましては、お席をご用意できない場合があります。何卒ご了承ください。
  • ご予約無しでのご来場の場合、空席状況によっては整理券のお渡しを検討いたしますが、ご予約者様の後からの整理券番号の配布となります。また整理券番号をお渡しすることが難しい可能性がございます。
  • 公式Twitter【 @dc_pop 】にて随時ご案内いたしますので、ご来場の前に必ずご確認いただきますようお願いいたします。Twitterをご覧いただけないお客様は、メール・電話にてお問い合わせください。

◎新型コロナウイルス感染症について 対策と、皆様へのお願い

※必ず内容をご確認いただきますようお願い申し上げます。

  • 受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前を予定しております。
  • 上演時間は約60分です。
  • マスクの着用を必ずお願いします。
  • フェイスシールドはご希望のお客様にはお配りしますが、数に限りがございます。必要なお客様は事前のご用意をお願いいたします。
  • ご入場の際は手指の消毒、検温にご協力ください。37.5℃ 以上の発熱が見られるお客様はご入場をお断りさせていただきます。その場合、チケット代金を返金いたします。
  • 換気の為、扉を開放した上で、空調を強めに設定いたします。心配な方は羽織れるものをご持参ください。ブランケットなどのお貸出はございません。
  • クロークでは、大きなお荷物はお預かりすることは可能ですが、傘や上着などはご自身で管理していただくようお願いいたします。また、なるべく最小限のお荷物でのご来場をお願いできますと幸いです。
  • 出演者へのプレゼントはお断りさせていただきます。
  • ロビーで長く留まってのご飲食はご遠慮ください。但し、適度な水分補給を推奨いたします。
  • 発熱や咳、倦怠感など体調が優れない場合は入場をお控えください。
  • 上演中、激しい咳や風邪のような症状がある方には、スタッフがお声がけし、ご退出をお願いする場合がございます。
  • また体調が悪くなった場合には、スタッフまでお声がけください。
  • 終演後、ロビーの混雑を避けるため、出入口に近いお客様からご退出いただくようスタッフがご案内いたします。ご退出までにお時間をいただきますが、何卒ご理解とご協力の程、宜しくお願いします。ご予定があり、先にご退出されたい場合はスタッフまでお申しつけください。
  • 受付ほか、スタッフは全員マスクを着用して勤務いたします。
  • 換気を促進するため、ドアや通用口などを極力開けて運用します。
  • 受付にはビニールカーテンを設置します。
  • 三密を避けるため、入場人数を半分以下とし、座席と座席の感覚を開けてお座り頂きます。
  • 劇場内で複数のお客様がお手を触れる箇所につきましては毎日、除菌用アルコール等による拭き取り等の消毒を実施いたします。

なお、新型コロナウイルスの感染状況や政府要請なども鑑みまして、今後変更となる可能性もございますのであらかじめご了承のほど何卒よろしくお願い申し上げます。