ken のすべての投稿

第23回本公演
『丘の上、ねむのき産婦人科』

作・演出:谷賢一(DULL-COLORED POP)
2021/8/11(水)~8/29(日)@下北沢ザ・スズナリ
2021/9/1(水)~9/5(日)大阪in→dependent theatre 2nd

駅の北側、商店街を抜けた先、丘の上にある「ねむのきさん」は、昭和のはじめ、古くから続く産婦人科で、私も私の母も祖母もここで産み、生まれたらしい。今日のロビーは少し混み合っていて、私たちを含めて12人の男女が座っている。年齢も服装も表情もバラバラ。みんな一体何を考えているのか。しかし決して会話は起こらない。6組の悩み、いや12人の別の考えが、誰も喋らない静かなロビーにぽっかり浮かんでいる。

少子化・晩婚化・ジェンダーロールやジェンダーギャップ・若者の貧困・不妊治療・中絶・ひとり親など、妊娠・出産をとりまく様々なテーマを、数十名の実在の声に取材しつつ、とある架空の地方都市を舞台に描くDULL-COLORED POPの最新作。「自分と異なる性/生を想像する」というテーマに基づき、男女入替えA/Bキャスト2バージョン上演します。

劇場とタイムテーブル

[A]女性キャストが女性役、男性キャストが男性役を演じます。
[B]男性キャストが女性役、女性キャストが男性役を演じます。

城崎試演会 城崎国際アートセンター

8/1(日)・2(月)頃を予定(※開演時間は後日発表します)

〒669-6101 兵庫県豊岡市城崎町湯島1062 Tel:0796-32-3888
JR城崎温泉駅から徒歩15分

東京公演 下北沢ザ・スズナリ

8/11(水) 19:00~[A]
8/12(木) 19:00~[B]
8/13(金) 配信撮影日
8/14(土) 13:00~[A]、18:00~[B]
8/15(日) 13:00~[A]
8/16(月) 19:00~[B]
8/17(火) 14:00~[A]、19:00~[B]
8/18(水) 休演日
8/19(木) 14:00~[A]、19:00~[B]
8/20(金) 19:00~[A]
8/21(土) 13:00~[B]、18:00~[A]
8/22(日) 13:00~[B]
8/23(月) 19:00~[A]
8/24(火) 14:00~[B]、19:00~[A]
8/25(水) 休演日
8/26(木) 14:00~[B]、19:00~[A]
8/27(金) 19:00~[B]
8/28(土) 13:00~[A]、18:00~[B]
8/29(日) 13:00~[A]

下北沢ザ・スズナリ
東京都世田谷区北沢1-45-15 Tel:03-3469-0511
下北沢駅・東口(小田急線)、京王中央口(井の頭線)より徒歩5分

  • 会場にはエレベーターがございません。車椅子でご来場のお客様は事前にお問い合わせ下さい。
  • 開演後のご入場は、購入いただいた指定席へご案内できない場合がございます。

大阪公演 in→dependent theatre 2nd(新生)

今回の公演は移転・新生したin→dependent theatre 2ndの「新2nd杮落しシリーズ」の一つとして上演されます。

9/01(水) 19:00~[A]
9/02(木) 19:00~[B]
9/03(金) 14:00~[A]、19:00~[B]
9/04(土) 13:00~[B]、18:00~[A]
9/05(日) 13:00~[B]

in→dependent theatre 2nd
大阪市浪速区日本橋4-9-5 Tel:06-6635-1777
OsakaMetro堺筋線・恵美須町駅、1A出口右手(北)7分

* * *

公演概要

キャスト

東谷英人、内田倭史(劇団スポーツ)、大内彩加、倉橋愛実、塚越健一、宮地洸成(マチルダアパルトマン)(以上DULL-COLORED POP)、岸田研二、木下祐子、冨永さくら、湯舟すぴか、李そじん、渡邊りょう

スタッフ

脚本監修:北村紗衣 医療監修:稲田美紀(医師)

美術:土岐研一 照明:松本大介 音響:清水麻理子 衣裳:及川千春 
舞台監督:竹井祐樹(StageDoctor Co.Ltd.)配信映像監督:松澤延拓、神之門隆広
照明操作:和田東史子 舞台監督助手:澤田万里子 

宣伝美術:平崎絵理  制作助手:佐野七海、柿木初美(東京公演)、竹内桃子(大阪公演) 制作:小野塚 央

助成:芸術文化振興基金 協力:城崎国際アートセンター(豊岡市) 主催:合同会社 DULL-COLORED POP

* * *

チケット・ご予約

期間限定・劇団先行予約

2021/5/16(日)12時~5/30(日)23時59分の間、劇団先行予約を受け付けます。どうぞよろしくお願い致します!

https://eplus.jp/dcpop_gk/

※券種の説明などについてはこのページをよくご確認下さい。
※A/Bキャストございます。タイムテーブルをよくご確認下さい。

一般チケット(劇場で観劇する)

チケット発売日:2021年7月3日(土)
東京公演:全席指定
大阪公演:整理番号付き自由席

一般:4000円
学生:3000円
コロナ支援チケット:8000円

チケット取り扱い:
 ・イープラス
 ・チケットぴあ (東京公演Pコード:506-608、大阪公演Pコード:506-609)

※未就学児童の入場はお断りさせて頂きます。

配信チケット(オンライン配信で視聴する)

通常:3300円
特典付き:5000円

※ご予約方法などは後日発表します。

コロナ支援チケットとは

感染症対策のため、劇場では最大50%客席を減らしています。今回も何%になるかはわかりませんが客席減は確定しています。それでも劇場費や稽古場代・製作費が大幅に安くなるわけではありません。

そんな中、「客席数が半分ならチケット代を二倍にしていいよ!」という応援の声をよく頂きます。それで観られなくなるお客様が出てしまうことを考えると一律二倍にはできませんが「ぜひ支援したい」「本当に二倍払いたい」と考えて下さる方は、コロナ支援チケットをご購入下さい。

席種は定価のお客様と変わりませんが、ささやかな感謝の品を贈らせて頂きます。また、このチケットの定価との差額分は、劇場費や製作経費など「物」に対してではなく、キャストやスタッフなど「人」に対して全額使わせて頂きます。

ギフトチケットはじめました

舞台芸術の公演のチケットを大切な方にプレゼントしませんか?

先に必要な枚数だけ購入してプレゼントし、贈られた相手があとから日時指定できるチケットです。プレゼントをきっかけに、舞台芸術に関心のなかった人に足を運んでもらえたら嬉しいです。

  • 対象公演:8/11(水)~17(火)の東京公演(限定20枚)
  • お申し込み先:info@dcpop.org
  • 日時指定は、8/8(日)締め切りとなります。
  • 締め切り直前での日時指定でも、見やすいお席を確保いたします。
  • 特定の回に極端に希望が集中した場合は、第2希望にして頂く可能性がございます。

【参考】舞台芸術ギフト化計画 http://fringe.jp/gift/

* * *

その他のご案内

情報公開時のメッセージ

 昨年末、我が家に第二子が生まれました。予定日の前後二週間ほど僕も休みを取りましたが、コロナの影響で病院は配偶者でも立入禁止。健診にもお見舞いにも行けず、難しい時間を過ごしました。出産時のみ立ち会えましたが、二回目とは言え壮絶な体験で、痛みも不安もビリビリ伝わるものの、もちろんすべてはわからない。想像するしかない。生まれる瞬間の奇跡のような感動は分かち合えた気がするけれど、それすらきっと夫婦で違う。想像するしかない。
 この感覚はお互い絶対にわからない……と言えば、そりゃあそうなんだろうけど、そこで諦めていいのだろうか。男女の違いだけじゃなく女性同士でだって違うし、人の数だけ違うとなれば、僕らはもう何も喋れなくなってしまう。だけど王様や妖精や宇宙人の気持ちだって想像すれば演じられるのが演劇です。絶対にわからないこの感覚や感情も、時間をかけて想像すればしっぽくらいは掴めるかもしれない。


 昨年KAATで『人類史』という作品を手掛けた際、言語や芸術・宗教や葬儀の誕生などを描きましたが「出産」は扱いませんでした。出産は人類史以前、まだ人間がサルだった頃からある営みだからです。しかしその頃から人にとって重大な営為であった「出産」を演劇で描けないか、考えてきました。
 少子化、晩婚化、ジェンダーロールやジェンダーギャップ、若者の貧困、不妊治療、中絶、シングルマザー……産院は現代社会の縮図のようです。喜び、悲しみ、そして私たちが体験した奇跡のような、様々な感情が詰まっています。

 女性の視点からも作品を見つめてもらうため、演劇およびフェミニスト批評の専門家である北村紗衣氏に脚本監修を依頼しました。また、すでに複数のカップルに取材していますが、協力して頂ける方・話を聞かせて下さる方がいればぜひ劇団までご連絡下さい。5月半ば~6月半ば、日本中どこでも(あるいはオンラインで)お話を伺います。人の数だけある「出産」にまつわる思いや体験をなるべくたくさん聞き取って、台本に起こします。

 そして、ずっと憧れだった劇場、現存する最古の小劇場の一つ、ザ・スズナリ。そしてこの夏に移設・新築された新生2nd。東京と大阪の演劇シーンを牽引してきた小劇場の聖地2つで公演ができることを心から嬉しく思います。また滞在制作と試演会を行う城崎は出産のシンボルでもあるコウノトリの街として有名です。何かとご縁を感じます。

谷賢一

A/Bキャストによる男女入替/逆転上演について

今回出演者が12名いて、6組のカップルの話が中心になりますが、AとB、2パターンの配役で上演致します。

[A]パターンでは女性キャストが女性役、男性キャストが男性役を演じます。
[B]パターンでは男性キャストが女性役、女性キャストが男性役を演じます。

配役はランダムではなく、自分の相手役と入れ替わります。つまりAで妻役を演じていた人は、Bでは自分の相手役だった夫役を演じる。Aで夫役を演じていた人は、Bでは自分の相手役だった妻役を演じます。自分の相手役の感情や行動を理解し、想像し、自らのものとして演じます。演出や美術・照明・音響などは変えません。外枠を変えないことで、かえって演じる人間が変わることで生まれる違いをお客様に見てもらえるはずです。

去年私が観たNTLiveの『リーマン・トリロジー』という作品では、初老の男性俳優が若い女性から少年役まで年齢・性別を飛び越えて演じていました。そしてそれが女性にも少年にも見えるのです。演じるということの本質が見た目を寄せることではないということがよくわかりました。

また、相手役の性/生を演じるというのは、自分と異なる性/生を理解する・想像するという今回の作品テーマとも深く響き合います。A/Bキャスト、どちらも劇場でご覧頂いても嬉しいですし、片方は劇場で、片方は配信でご覧頂いても面白いかもしれません。どうぞお楽しみに!

新型コロナウィルス対策を徹底しています

本公演は厚生労働省や演劇業界団体の策定するガイドラインに基づいた上で、医療監修担当医師の指導も仰ぎ、感染症対策を徹底しています。お客様にも検温や消毒・マスクの着用・客席内での私語の禁止・連絡先の提出などご協力をお願い致します。ご不便をおかけいたしますが、すべてのお客様の安全を守るため、何卒ご了承下さいませ。

必要な方へ、ロビーに出やすい席をご用意します

現在妊娠中の方や、コロナ以外の持病や身体的事情をお持ちの方で、ロビーに出やすい通路席・後方席などをご希望の方はご連絡下さい。安心できる観劇体制をご用意させて頂きます(数に限りがございますので事前に必ずご連絡下さい)。

* * *

お問い合わせ

合同会社 DULL-COLORED POP
Tel: 050-5579-6089 Mail: info@dcpop.org Twitter: @dc_pop

※メール連絡が一番返信が早く、確実です。お急ぎの際はメールでご連絡下さい。

DULL-COLORED POP演劇学校 2021年5・6月開講分の講座/ワークショップ

定員に達したクラスについては、取り消し線(こんな感じ)で削除してあります。定員に達していないクラスにご応募下さい。稽古場見学、オンライン見学は全てのクラスで随時募集しています。

続きを読む DULL-COLORED POP演劇学校 2021年5・6月開講分の講座/ワークショップ

DULL-COLORED POP演劇学校・学校説明会(第2回)

DULL-COLORED POP主催・演劇BAR@2021年1月

以下のようなイベントを時間をかけて準備してきた……のですが、ここ最近、急激にコロナ状況が悪化してきたため、開催できるか検討中です。状況を見ながら再度アナウンス致しますのでお待ち下さい。

緊急事態宣言が発出されたため対面開催を諦め、オンラインで開催することに致しました。完全無料・予約不要、どなたでもご参加OK! 巣ごもりのまま、演劇の話題で盛り上がりましょう!

【日時】2021年1月18日(月)21:00~配信開始
【参加】完全無料・予約不要・オンライン開催
【出演】谷賢一(オーナー)、塚越健一(ママ)、ほかゲストも募集
【配信URL】https://youtu.be/i3_A5Ksl59I

※完全無料開催ですが、お店のキャンセル料などかかるため、余裕のある方はカンパにご協力頂ければ幸いです。カンパは「三菱東京UFJ銀行・行徳支店 (普通)0367169 口座名義:DULL-COLORED POP 会計・塚越健一」までお願い致します。

お問い合わせなどはTwitter(@dc_pop)からお願い致します。

続きを読む DULL-COLORED POP主催・演劇BAR@2021年1月

DULL-COLORED POP主催・東日本大震災10周年記念チャリティーイベント「福島三部作・無料上映会&トーク」

DULL-COLORED POPでは2018年~2021年にかけて、福島と原発を巡る50年の歴史を描いた「福島三部作」を上演し、観客1万人動員を達成、岸田國士戯曲賞・鶴屋南北戯曲賞を受賞するなど、幅広く評価を受けてきました。取材や上演にご協力頂いた皆様、そしてご観劇頂いた皆様、誠にありがとうございました。

そして来たる2021年3月11日、東日本大震災から10年が経ちます。被災地で失われた命やコミュニティは取り返しがつくものではなく、今でも故郷に戻れない人たちが大勢います。そこで劇団として311を追悼し、震災の記憶を語り継いでいくために、無料のチャリティーイベントを開催することに致しました。

当日は「福島三部作」の記録映像を第一部から第三部までノーカットで上映する他、谷賢一ほかゲストが登壇するトークイベントを開催します。本イベントは完全無料でご入場頂けますが、被災地支援のための募金箱を設置致します。あの戦後最大の悲劇に思いを馳せつつ、よろしければ募金にご協力下さいませ。

イベント概要

日時 2021年3月11日(木) 11:00~20:30(途中入退場自由)
料金 無料
会場 北とぴあ・ドームホール
   (〒114-8503 東京都北区王子1-11-1、JR王子駅から徒歩3分)
出演 谷賢一、大内彩加、大原研二、百花亜希
  (谷賢一以外の3名は、トークイベントのみの出演)

続きを読む DULL-COLORED POP主催・東日本大震災10周年記念チャリティーイベント「福島三部作・無料上映会&トーク」

DULL-COLORED POP演劇学校

DULL-COLORED POPでは、俳優・劇作家・演出家など次世代のアーティストを育成すると共に、観客や演劇ファンが楽しく演劇に触れられる学びの場を提供するために、「学校」を作りました。これまで15年以上に渡って谷賢一および劇団が培ってきたワークショップや講座を再編成し、知識や技術を伝えていきます。

プログラムにはプロの俳優向けのものだけでなく、演劇を始めたばかりの入門者向けのものや、プロを目指さない一般観客向けのものもございます。それぞれ独立した内容として構成されているため、1つのクラスから受講できます。感染症対策の一環として、オンラインを含む見学コースも準備しました。

将来的には受講者から選抜されたメンバーを出演者として、試演会や公演などの開催も予定しています。詳細についてはお問い合わせ下さい。

続きを読む DULL-COLORED POP演劇学校

『福島三部作』TPAM再演

2019年に上演された『福島三部作』が、TPAM(国際舞台芸術ミーティング in 横浜)にて期間限定で再演されることになりました。

公演日程

2021年2月9日㈫、12日㈮~14日㈰  第一部『1961年:夜に昇る太陽』
2021年2月10日㈬、12日㈮~14日㈰ 第二部『1986年:メビウスの輪』
2021年2月11日㈭~14日㈰ 第三部『2011年:語られたがる言葉たち』

続きを読む 『福島三部作』TPAM再演