DULL-COLORED POP 演劇WS NOVEMBER

 DULL-COLORED POPでは劇団で培ってきた演劇論や知識・技術を広め、次なる新しい俳優たちと出会うため、演劇ワークショップ講座(以下WS)を開催しています。
 今月は、公演を直前に控え『マクベス』と真っ向から対峙している劇団員による、『マクベス』を題材に盛り込んだワークショップを開催します。

概要

期間2019年11月22日(金)~11月24(日)
講師大原研二、東谷英人
内容東谷英人『台詞を言葉にする』WS(3日間)
大原研二『台詞を行動にする』WS(3日間)
場所都内スタジオ
応募方法このページに書かれているそれぞれのワークショップの内容をよく読み、理解した上で、下記の必要事項を<workshop@dcpop.org>までお送り下さい。      
1)お名前(フリガナ) 
2)メールアドレス(PCメール受信できるもの) 
3)電話番号 
4)年齢 
5)性別 
6)プロフィール/出演歴(書式自由) 
7)写真2点(添付ファイルでお送り下さい) 
8)参加希望するWS日程(A・Bからお選びください)

講師

大原研二(俳優)東谷英人(俳優)
DULL-COLORED POP所属。舞台・映画・ドラマ等、様々な現場での経験をもとに東京だけでなく各地でワークショップも行いながら、映画・舞台で活躍する女優俳優のプライベートレッスンも受け持つ。主な出演作にDULL-COLORED POP作品を中心として、映画『アウトレイジ』、ミナモザ、長塚圭史『蛙昇天』などがある。 お笑いから舞台の世界に入り、2011年DULL-COLORED POP入団以降、全ての本公演で中心人物を演じる。精力的に外部出演も続けており、近年では温泉ドラゴン、ヒンドゥー五千回、ティーファクトリー、燐光群、カクシンハンなどに出演。その長身痩躯と容貌魁偉を活かし、現代口語劇、会話劇、古典、翻訳劇、身体表現など縦横無尽に活動の幅を広げ続けている。

ワークショップ内容

A:東谷英人『台詞を言葉にする』WS

≪内容≫

「台詞を言葉にする」とは。

台詞は頭が受信する情報、それに対して言葉は身体から放たれるものです。頭と身体をどう繋げるか、会話劇に必要なそのメカニズムを体感する3日間。

「フランス発祥の7つの身体的状態」を使い分けた上で即興とテキストに活用し、「身体からの発語」を実践を交えながら追求します。

≪東谷より≫

テーマは今回も〈台詞を言葉に〉すること。

もちろんこれまで受講された方も、今回初の方も大歓迎です。

このWSを通じて参加俳優に挑戦してもらいたいことは大きくひとつ。「きちんと喋ること」舞台上で喋るとはどういうことなんでしょう?『マクベス』のテキストを使ってそれを体感してみましょう。


 皆さんのご応募、心よりお待ちしております。

【日程】11月22日(金)~24日(日)の3日間、10時~15時の計3回
【定員】12名前後
【参加費】6000円 

***

B:大原研二『台詞を行動にする』WS

≪内容≫

台詞を言うことと語ることは別物です。

語るということには目的があり、それを達成しようとする意志を伴った行動です。

台詞の中にある目的と意志を明確にして台詞と向き合うことで、台詞を語ることが相手や空間、劇自体を動かす行動になることを実感するWS。

≪大原より≫

前回の『価値観で語るWS』では、

役の価値観からくる言葉への影響について触れてみましたが、続いて、その価値観からくる目的や意志が、台詞にどう影響するのか、を試してみる機会になればいいな、と思っております。

『マクベス』のテキストを使って台詞とじっくり向き合う時間になるかと思うので、前回のWSを受けた方もそうでない方もどうぞご参加ください。

お待ちしております。

【日程】11月22日(金)~24日(日)の3日間、16時~21時の計3回 
【定員】12名前後
【参加費】6000円