DULL-COLORED POP 演劇ワークショップ2020

DULL-COLORED POPでは劇団で培ってきた演劇論や知識・技術を広め、次なる新しい俳優たちと出会うため、演劇ワークショップ講座(以下WS)を開催しています。

2020年3月、約1年ぶりに主宰・谷賢一がWSを行います。『身体的行動の方法』『ただただ楽しいエチュード講座』『一本、芝居を作ってみるWS』の3プログラムをご用意しました。たくさんのご応募、お待ちしております。

期間2020年3月12日(木)~22日(日)
場所都内スタジオ
定員各プログラム・各日程ごとに12名ずつ

講師:谷賢一

谷賢一

日英の大学にて演劇学を学んだ後、劇団DULL-COLORED POPを旗揚げ。2013年『最後の精神分析』の翻訳・演出で第6回小田島雄志翻訳戯曲賞ならびに文化庁芸術祭優秀賞を受賞。2016年セゾン文化財団ジュニア・フェローに選出。また同年より新国立劇場・演劇研修所にて講師を務める。劇団外では海外演出家との共同製作を多く手掛ける。2019年には「福島三部作・一挙上演」にて一万人動員と書籍化を実現し、演劇界の話題を呼んだ。

応募方法

このページに書かれている内容をよく読み、理解した上で、下記の必要事項をworkshop@dcpop.orgまでお送り下さい。書類選考の後、結果をご連絡致します。定員に達し次第、募集を締め切らせて頂きますのでご注意下さい。

1)お名前(フリガナ)
2)メールアドレス(PCメール受信できるもの)
3)電話番号
4)年齢
5)性別
6)プロフィール・出演歴(書式自由)
7)志望動機・メッセージ(観たことのあるDULL-COLORED POP/谷賢一作品があればお書き下さい)
8)写真2点(添付ファイルでお送り下さい)
9)参加希望するWS日程(A~Fからお選びください)

* * *

WS Programs

WS Program A『身体的行動の方法』

伝説の演出家にして俳優指導者であるスタニスラフスキーが、そのキャリアの後期で採用していた『身体的行動の方法』をテーマにしたWSです。行動を通じて感情を獲得する方法と、素早くテキストを立体化するプロセスについて学びます。参加者にはテキストを配布しますので、WS初日までに覚えて参加して下さい。

日程 【A】3月13日(金)~15日(日)の3日間、それぞれ12時~16時 ※募集は締め切りました。
【B】3月13日(金)~15日(日)の3日間、それぞれ17時~21時 ※募集は締め切りました。
参加費 8000円

* * *

WS Program B『ただただ楽しいエチュード講座』

エチュード(即興演技)の簡単で楽しいやり方を教えます。苦手意識のある人でも絶対にできて、必ず楽しいエチュード理論。「意志と行動」「対話」などの概念について触れ、演劇の成り立ちや会話劇の仕組みについても学ぶことが出来る実用的テクニックが満載です。

日程【C】3月12日(木) 12時~16時 ※募集は締め切りました。
【D】3月12日(木) 17時~21時 ※募集は締め切りました。
参加費 4000円

* * *

WS Progam C『一本、芝居を作ってみるWS』

谷賢一の演出により、一本、実際に芝居を作ってみる超実践的WSです。一本の芝居を作るプロセスの中で様々な方法論や演技論を紹介していき、最後には作品として完成させることを目指します。最終日には観客を招いての試演会も予定しています。実際の創作を通じて実践的な技術を手に入れましょう。参加者にはテキストを配布しますので、WS初日までに覚えて参加して下さい。

日程【E】3月16日(月)~3月22日(日)の7日間、12時~16時 ※募集は締め切りました
【F】3月16日(月)~3月22日(日)の7日間、17時~21時 ※募集は締め切りました
参加費 20000円

* * *

WS Program Extra『見学』

「参加はできないが見てみたい」「俳優ではないが内容を知りたい」という方へ向けて、見学のコースをご用意しました。俳優にとっては「見られる」こと自体が良い訓練になりますから、見学者は大歓迎です。

見学料は、各プログラムともに参加費の半額とさせて頂きます(定員あり)。なお、見学ですので全日程・全時間いられない方でもご参加頂けます。氏名・連絡先と見学したいプログラム・日程をお書き添えの上、workshop@dcpop.orgまでお問い合わせ下さい。

※見学もすべて定員に達したため、募集を締め切らせて頂きました。ご了承下さい。