第21回本公演『マクベス』

原作:ウィリアム・シェイクスピア
翻案・演出:谷賢一
翻訳 松岡和子(ちくま文庫)による

公演概要

作家・演出家として成熟し、ますます注目を集めている谷賢一が満を持して挑む、シェイクスピアの現代日本への翻案上演。

先の見えない不安、希望のない未来、行き詰まり暴走する政治。『マクベス』のテキストを徹底的に解体・再解釈することで現代日本との共通点を見出し、観客に全く新しいシェイクスピア像を提示します。

運命の魔女にそそのかされて野心に支配され、権力を手にしてからは暴走するマクベスの心理を現代劇としてアクチュアルな題材として捉え、たった6人のミニマルな出演者でタイトに演出。

今さら古典を古典らしくやって何になる? 現代劇以上に現代的な言葉と演出で、シェイクスピアに新風を吹き込む大胆不敵な翻案上演。

出演者

東谷英人、大原研二、倉橋愛実、宮地洸成、百花亜希 (以上DULL-COLORED POP)
淺場万矢(柿喰う客)

劇中音楽

志磨遼平(ドレスコーズ)

公演情報

公演期間

2019年12月12日(木)~2019年12月22日(日)

会場

KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

公演スケジュール

携帯からの予約はこちらをクリック!


12/12(木) 19:00
12/13(金) 19:00
12/14(土) 13:00/19:00
12/15(日) 13:00
12/16(月) 19:00
12/18(水) 19:00
12/19(木) 13:00/19:00
12/20(金) 19:00
12/21(土) 13:00/19:00
12/22(日) 13:00

※開場は開演30分前
※未就学児入場不可

休演日

12/17(火)

チケット料金

入場整理番号付自由席(税込)

一般前売:4,200 円 一般当日:4,500円
学生前売:3,800 円 学生当日:4,100円

チケット受付

劇団一般発売:2019年10月19日(土)10:00~

チケットぴあ
https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1948007&rlsCd=001
Pコード 498-164

チケットかながわ
http:// https://www.kaat.jp/d/macbeth2019
電話:0570-015-415(受付 10:00-18:00)

スタッフ

照明:横原由祐 音響:中村嘉宏、佐藤こうじ 衣裳:及川千春 舞台監督:森山香緒梨 舞台監督助手:浦本佳亮 制作:小野塚央 主催:合同会社 DULL-COLORED POP 提携:KAAT神奈川芸術劇場

お問い合わせ

合同会社 DULL-COLORED POP
Tel:050-5579-6089
Mail:info@dcpop.org
Twitter:@dc_pop

DULL-COLORED POP 演劇WS NOVEMBER

 DULL-COLORED POPでは劇団で培ってきた演劇論や知識・技術を広め、次なる新しい俳優たちと出会うため、演劇ワークショップ講座(以下WS)を開催しています。
 今月は、公演を直前に控え『マクベス』と真っ向から対峙している劇団員による、『マクベス』を題材に盛り込んだワークショップを開催します。

概要

期間2019年11月22日(金)~11月24(日)
講師大原研二、東谷英人
内容東谷英人『台詞を言葉にする』WS(3日間)
大原研二『台詞を行動にする』WS(3日間)
場所都内スタジオ
応募方法このページに書かれているそれぞれのワークショップの内容をよく読み、理解した上で、下記の必要事項を<workshop@dcpop.org>までお送り下さい。      
1)お名前(フリガナ) 
2)メールアドレス(PCメール受信できるもの) 
3)電話番号 
4)年齢 
5)性別 
6)プロフィール/出演歴(書式自由) 
7)写真2点(添付ファイルでお送り下さい) 
8)参加希望するWS日程(A・Bからお選びください)

講師

大原研二(俳優)東谷英人(俳優)
DULL-COLORED POP所属。舞台・映画・ドラマ等、様々な現場での経験をもとに東京だけでなく各地でワークショップも行いながら、映画・舞台で活躍する女優俳優のプライベートレッスンも受け持つ。主な出演作にDULL-COLORED POP作品を中心として、映画『アウトレイジ』、ミナモザ、長塚圭史『蛙昇天』などがある。 お笑いから舞台の世界に入り、2011年DULL-COLORED POP入団以降、全ての本公演で中心人物を演じる。精力的に外部出演も続けており、近年では温泉ドラゴン、ヒンドゥー五千回、ティーファクトリー、燐光群、カクシンハンなどに出演。その長身痩躯と容貌魁偉を活かし、現代口語劇、会話劇、古典、翻訳劇、身体表現など縦横無尽に活動の幅を広げ続けている。
続きを読む DULL-COLORED POP 演劇WS NOVEMBER

DULL-COLORED POP 演劇ワークショップ2019 OCTOBER

 DULL-COLORED POPでは劇団で培ってきた演劇論や知識・技術を広め、次なる新しい俳優たちと出会うため、演劇ワークショップ講座(以下WS)を開催しています。
 福島三部作を経て、さらに俳優として磨きをかけた劇団員が、内容をブラッシュアップし再びワークショップを開催します。

概要

期間2019年10月18日(金)~10月30(水)
講師大原研二、東谷英人
内容東谷英人『台詞を言葉にするWS』(3日間)
大原研二『価値観で語るWS』(2日間)
場所都内某稽古場
応募方法このページに書かれているそれぞれのワークショップの内容をよく読み、理解した上で、下記の必要事項を<workshop@dcpop.org>までお送り下さい。       1)お名前(フリガナ) 2)メールアドレス(PCメール受信できるもの) 3)電話番号 4)年齢 5)性別 6)プロフィール/出演歴(書式自由) 7)写真2点(添付ファイルでお送り下さい) 8)参加希望するWS日程(A~Dから選んで下さい)

講師

大原研二(俳優)東谷英人(俳優)
DULL-COLORED POP所属。舞台・映画・ドラマ等、様々な現場での経験をもとに東京だけでなく各地でワークショップも行いながら、映画・舞台で活躍する女優俳優のプライベートレッスンも受け持つ。主な出演作にDULL-COLORED POP作品を中心として、映画『アウトレイジ』、ミナモザ、長塚圭史『蛙昇天』などがある。 お笑いから舞台の世界に入り、2011年DULL-COLORED POP入団以降、全ての本公演で中心人物を演じる。精力的に外部出演も続けており、近年では温泉ドラゴン、ヒンドゥー五千回、ティーファクトリー、燐光群、カクシンハンなどに出演。その長身痩躯と容貌魁偉を活かし、現代口語劇、会話劇、古典、翻訳劇、身体表現など縦横無尽に活動の幅を広げ続けている。
続きを読む DULL-COLORED POP 演劇ワークショップ2019 OCTOBER

福島三部作・一挙上演、ぶじ終了しました

DULL-COLORED POP第20回本公演「福島三部作・一挙上演」(第一部『1961年:夜に昇る太陽』、第二部『1986年:メビウスの輪』、第三部『2011年:語られたがる言葉たち』)の東京・大阪・福島公演の全日程が終了しました。ご来場頂いた皆様、誠にありがとうございました。また、お力を貸して下さった皆様、応援して下さった皆様、出資して下さった皆様、誠にありがとうございました。

主宰・谷賢一から感謝の言葉

演劇もくもく会のお知らせ

「演劇もくもく会」は谷賢一およびDULL-COLORED POPが主催する、週に一度の自由な演劇ワークショップです。演劇の技術や知識について共有・伝達・研究することを目的としており、ほぼ無料でご参加頂けます。

  • 定員16名。参加者多数の場合、抽選になります。
  • 参加は会員制です。会員からの紹介があった方のみ参加できます。会員とはDULL-COLORED POP劇団員および、劇団員の紹介を受けた方を指します。
  • 開催は毎週木曜日、時間は基本的に18時から22時です。会場の都合により若干変動します。
  • 参加は毎週必須ではなく、参加したいときだけ参加できます。
  • 会場利用費として500円だけ頂きます。
続きを読む 演劇もくもく会のお知らせ