「これまでの作品」カテゴリーアーカイブ

番外短編『全肯定少女ゆめあ』

ふしぎふしぎふしぎ! どうして鳥は空を飛べるの? どうしてカニさんは横にしか歩けないの? どうして世界は滅びつつあるの? ──あちしの名前はゆめあ。夢はたっくんのお嫁さん! 邪悪な大人たちと戦うことを決意した。あちしたちの手で、みんなの笑顔を守るのよ!

──「小劇場演劇の活性化」を目的として、6劇団が15分ずつの作品を1ステージで上演する小さな演劇祭『15 Minutes Made』に、6年ぶりに参加。6年前は一番若手でした。今回はどうやら一番年輩。なので一番面白いやつ、作ります。 続きを読む 番外短編『全肯定少女ゆめあ』

第14回本公演『河童』

これはある精神病患者、第23号が誰にでも喋る話である。

「──人間! 馬鹿で、浅はかな、いやらしい、うぬ惚れきった、残酷な動物ばかり! その点、河童たちの社会は、合理的、先進的、人間的……、ィャ河、童、的、な、素晴らしいところ。(苦笑し)まだ疑ってらっしゃる? 私はこの目で確かに見ました。河童たちの暮らす国、完璧に幸福な理想郷を!」 続きを読む 第14回本公演『河童』

番外公演 『プルーフ/証明』

『プルーフ/証明』は、2000年5月にオフ・ブロードウェイで初演された後、圧倒的な観客の支持を得て、10月にはオン・ブロードウェイに進出。その後も世界各地で上演され続けている、アメリカ現代劇の最高傑作の一つと言える作品です。僕にとっては、翻訳家としてのデビュー作であり、演出家としても今回3度目の新演出となる、因縁の作品です。 続きを読む 番外公演 『プルーフ/証明』

番外公演 『最後の精神分析 -フロイトVSルイス-』

キャロウェイ賞やニューボイス賞などに輝くアメリカの劇作家マーク・セント・ジャーメインの野心作を本邦初上演! フロイト/ルイスには名実ともに演劇界を代表する俳優である木場勝己と石丸幹二を迎え、DULL-COLORED POP谷賢一による翻訳・演出でお届けします。

続きを読む 番外公演 『最後の精神分析 -フロイトVSルイス-』

番外企画: DULL-COLORED POP夏期講習『絶対合格人生講座』

DULL-COLORED POPの夏休み! 池袋の新たな芸術創作拠点・スタジオ空洞にて、スペシャルな「夏期集中講座」を行います。3日間・計15コマ。DULL-COLORED POP劇団員が、それぞれの人生と経験を傾けた本気で本粋な人生講座をお届けします。

楽しく遊んで楽しく学ぼう! あと、遊ぼう! 夏を吹き飛ばす知識と体力の無駄遣い。怖くないので、ふるってご参加下さいませ。 続きを読む 番外企画: DULL-COLORED POP夏期講習『絶対合格人生講座』

番外公演 『プルーフ/証明』

2012年冬、DULL-COLORED POPで番外公演の話が持ち上がる。作品は4年前に上演し、大好評を博した『プルーフ/証明』。この傑作かつ難解な戯曲に、谷賢一を除く劇団員で挑むことに。主役・キャサリン役を巡り3人の女優が火花を散らし、まさかの3バージョン公演。 続きを読む 番外公演 『プルーフ/証明』

第12回本公演: 『完全版・人間失格』

20チラシ表10年、小劇場の人気劇団が集まった「Project BUNGAKU」にて初演され、観客投票ぶっちぎりの1位を獲得した本作(参考:Project BUNGAKU・観客投票結果発表)を、フルスケールの長編作品として再演/再翻案! 泥まみれクソまみれの人生を25分で駆け抜けた初演のスピード感はそのままに、イケイケ爆音の音響効果とガタガタにぶっ壊れた空間演出で、主人公・葉蔵の内面世界を突っ走ります。 続きを読む 第12回本公演: 『完全版・人間失格』

第11回本公演: 『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』

チラシ表父が死に、母は見えない猫を飼い始めた。母・よし子、61歳。くろねこちゃんとベージュねこちゃん。煙草の匂いの消えた実家は発泡スチロールみたいに荒涼として、僕は知らない。僕は知らなかった、幽霊みたいな自分たちの正体を。妹と口をきくなんて、一体何年ぶりだっけ? 続きを読む 第11回本公演: 『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』